肌質改善!リフトアップレーザーまとめ

肌質改善!リフトアップレーザーまとめ

肌6

 

たるみ解消のためのレーザーも、ほんっとにたくさんあります。

簡単なデータソースになるよう、まとめてみますね!(`・ω・´) シャキーン

痛みが少なく受けやすいものをピックアップしました。

 

肌7

出典

http://weheartit.com/entry/182397419/search?context_type=search&context_user=wowxme&page=22&query=slim+body

 

ポラリス


ダイオードレーザーと高周波を発します。細胞に刺激を与えてコラーゲンの生成を活発にします。

 

たるみはもちろん、ニキビやオイリースキンにも効果があるそうです。

肌4

出典

http://weheartit.com/entry/157123429/search?context_type=search&context_user=Besa_Halitaj&page=46&query=beautiful+face%E3%80%80girls

 

マトリックスIR


こちらもポラリスと同じく、ダイオードレーザーと高周波です。

実は、ポラリスと同じマシンを使用します。

 

マトリックスIRの方は、ダイオードレーザーが分散されて照射されます。

そのため、ポラリスよりも痛みが少ないです。

 

じゃあポラリスはいらないのでは?ということになりますが、微妙な違いですが使い分けがあります。

ポラリスはとにかく引締め狙いで、マトリックスはハリやキメの改善に効果的です。

肌2

出典

http://weheartit.com/entry/165194163/search?context_type=search&context_user=Dexyy&page=35&query=beautiful+face%E3%80%80girls

 

 

テノール(サーモリバース)


ラジオ波という高周波を発生させ、熱の作用がメインのマシンです。水の分子を振動させ加熱し、コラーゲンの新生を促すというもので、痩身のラジオ波と同じ原理です。

 

しかし、他のラジオ波治療器とは違い、血行とリンパの流れも改善してくれます。

 

サーマクールは強い熱で皮膚を縮めるようなかたちですが、テノールは肌質を改善するので、こけていればふっくらさせ、たるみがあるなら引き締めてくれます。

ですので、サーマクールではこけてしまい余計に老けた見た目になってしまうような方にオススメです。

 

熱を発生させるので熱いのですが、ゆっくりと温度を上げるため不快感や痛みはありません。もちろん、ダウンタイムもなしです。

肌5

出典

http://weheartit.com/entry/157120184/search?context_type=search&context_user=Besa_Halitaj&page=46&query=beautiful+face%E3%80%80girls

 

リファーム


高周波と赤外線を組み合わせた治療器で、リフトアップとタイトニング効果を狙えます。

こちらはいわばポラリスの進化版のようなもので、ポラリスよりも痛みが少なく、肌の奥まで届くようになりました。

高周波がメインで、赤外線が高周波照射をアシストするため、深く届いて痛みも少ないのです。

痛み・ダウンタイムはなく、月1、2回程度続けるのが効果的です。

 

この中で一番痛いのは、ポラリスです。痛いというか、パチパチとした独特の刺激があります。確かに、マトリックスIRの方が痛みがありませんでした!

肌3

出典

http://weheartit.com/entry/160309549/search?context_type=search&context_user=sabina_perkner&page=41&query=beautiful+face%E3%80%80girls

今回のはちょっとばかしハード目(痛み・お値段共に…)ですが、しかしそれだけ効果も高いものを集めてみました。

 

リフト7

 

出典

http://weheartit.com/entry/153311403/search?context_type=search&context_user=bewithstyle&query=laser+face

 

サーマクール

高周波で真皮や皮下脂肪にアプローチします。

サーマクールは2段階でリフトアップ効果を感じることが出来ます。

まず一段階目は、術後すぐです。皮膚内のコラーゲン繊維が収縮することで、引締め効果を実感できます。次に二段階目は、1~3ヶ月後くらいで、収縮したコラーゲン繊維が回復する時に新しくコラーゲンが作られます。

最近ではサーマクールCPTと呼ばれる機器がほとんどですが、この“CPT”とはComfort Pulse Technologyで、“快適な照射技術”という意味です。

 

リフト5

出典

http://weheartit.com/entry/135746934/in-set/12590137-female?context_user=EvaAya88

 

イントラジェン

高周波を使った治療器です。

高周波で真皮に熱を加えることで、コラーゲンを産生させ、シワ・たるみ改善に効果を発揮します。

「サーマクールと同じ?」と思われるかもしれませんが、イントラジェンは、ちょっと変わった方法で照射します。格子状に打つのですが、そうすることで肌表面のダメージを最小限に抑えながら、肌の奥まで確実に熱を届かせることが出来ます。

お肌への負担が少なく、ダウンタイムがほとんどありません。3ヶ月から半年に1回の治療がベストです。

 

リフト6

出典

http://weheartit.com/entry/155212238/in-set/12590137-female?context_user=EvaAya88&page=2

 

ウルセラ

高密度の超音波を発する機器ですが、ウルセラの特徴は、超音波が届く深さにあります。

サーマクールは真皮や皮下脂肪までですが、ウルセラはそれ以上深いSMAS筋膜にまで作用します。

SMAS筋膜とは、リフトアップ手術の時に引き上げることが重要とされる、顔の様々な筋肉とつながった筋膜群のことです。

ウルセラはこの筋膜にまで届くため、サーマクールよりも効果が上だと言われています。

 

リフト2

出典

http://weheartit.com/entry/198948058/search?context_type=search&context_user=moonlightbae68&query=skin+face

 

ウルトラリフト

HIFU(High Intensity Focused Ultrasound)という超音波で、SMAS筋膜を点状に加熱しダメージを与えます。それを治そうとしてコラーゲンが生み出され、結果ハリがアップしたるみが改善します。

こちらはウルセラのライバルの位置づけです。

 

リフト1

出典

http://weheartit.com/entry/198955797/search?context_type=search&context_user=DIVAliciousNYC&query=skin+face

 

ダブロ

ウルセラやウルトラリフトの進化版です。

原理はウルセラと同じですが、ダブロは超音波を広くムラなく照射でき、パワーが分散されるため痛みが軽減されます。

サーマとウルセラはを同時に行い、皮下層と筋膜の両方に効かせると最も効果が高いそうですが、なんとダブロひとつでそのコンビネーション治療を行うことが出来るのです!

 

リフト4

出典

http://weheartit.com/entry/171038346/in-set/12590137-female?context_user=EvaAya88

 

イントラジェンはヴェリテクリニックで受けたのですが、なんだか照射が難しそうで、ちょっと職人技的な面があるのかもしれませんね。

ウルトラVリフトと一緒に受けたのですが、そのせいもあってか?(笑)、かなり痛みは少なかったように思います

 

湘南美容外科でウルトラリフトを受けようと予約を入れていたのですが、ふと品川スキンクリニックのサイトを見るとダブロの文字が…。

どちらで受けるか迷い中ですが、受けてみて良かったらまたご報告したいと思います!