美容鍼と韓国式美容針の違いとは?

美容鍼と韓国式美容針の違いとは?

「美容鍼はわかるけど、韓国式美容針ってなに?美容鍼の進化版?」と思うかもしれません。

なんとなく似ているこのふたつを徹底解析します!

針1

出典

http://weheartit.com/entry/186567570/search?context_type=search&context_user=kristinaharutunian10&page=11&query=friends

 

美容鍼

マドンナや海外セレブ、紀香や深キョンも溺愛ということで有名な美容鍼。

 

私も約7年前から定期的に受けているヘビーユーザーです。7年前は美容鍼をしているサロンは少なかったものですが、今は結構色々なところで受けられますよね。

 

私が美容鍼を受ける目的は、体の不調の調整です。つまり、美容鍼と言いながら、そこまで直接的に美しくなることを求めてはいません。美容鍼が流行したせいで、誇大広告とも取れる夢のような効果を謳っているサイトなどもありますが、美容整形ではないのです。

 

針4

 

主な効果は、“筋膜を突き破ることで筋肉をゆるめる”というものです。その結果、血行が良くなってむくみが取れたり、クマが無くなって美肌に近づくということはあると思います。美や健康のためには、血行を良くすることが大切です。

 

受けたことがない人からすると、少しこわいイメージがあるかもしれませんが、髪の毛よりも細い針を使用しますので針の痛みはほとんどありません

 

ただし、凝っているところは筋肉が固くなっているため針が通過する時に少し抵抗がありますし、筋膜を突き破る時に鈍い感覚があります。この筋膜を突き破る時の感覚は、人によって実に様々です。私は“重く”感じるのですが、痛いと感じることもあるみたいです。

 

美容鍼は顔だけでなく是非、体も一緒に受けてくださいね。その方が全身の血行が良くなり、効果がアップします。

針7

出典

http://weheartit.com/entry/186584410/search?context_type=search&context_user=Rihanna0605&query=beautiful+body

 

 

韓国式美容鍼

一方、韓国式美容鍼というのは、湘南美容外科のメニュー名です。他の呼び方は、ウルトラVリフト、ショッピングリフト、リードファイリフトなどで、すべて同じ治療内容です。

 

針2

 

これは針といっても、注射針を使用します。そして注射針についた手術にも使われる溶ける糸を肌の中に残すという施術です。

 

何故肌の中に糸を残すかというと、肌の中に異物を入れることにより、コラーゲンを生成する力をアップさせ、肌のハリを出したり肌質を改善したりするためです。

糸を一旦肌に入れると、半年くらいは残存してくれるので、コラーゲン生成は活発なままです。

 

針3

 

こちらは正直美容鍼とは比べられないくらいに痛いし、内出血・腫れのダウンタイムがあります。私も数回受けていますが、10日くらい経っても「なんか顔黄色いよ!?」と人からつっこまれます(汗)(内出血の治りかけの黄色です。)

 

どちらもそれぞれに良いところのある美容に効く針たち。あなたならどちらを選びますか?

針5

出典

http://weheartit.com/entry/186589365/search?context_type=search&context_user=loginova_ea98&page=3&query=hair