老化をstop!若見え確保の先回り美容医療活用術

老化をstop!若見え確保の先回り美容医療活用術

私は「普通に20代だと思ってた」とほとんどの初対面の男性から言われるアラフォー女子です。もちろん、嬉しいです。

 

普段努力してきた甲斐があったわ~!(自分の努力ではなくクリニックのドクター&ナースのおかげ)」と思えます。

 

ただし、女性は細部や態度など総合的に見て判断できますから、女性から見たら30くらいかな?という感じみたいです。「四捨五入で40です」と言うと「え!?結構いってるんですね!」と驚かれます。ま、お世辞は十分にありますけどね!(笑)

 

 

男は細部を見れていませんし、どんなに草食系の男でも根底には“オレ様”が流れているので、相手よりも上に立つ要素を探していますのでそれもあるかもしれません。「僕も若い頃は…」とか30前の男性がよく口にしますし(笑)まだ若いわ!

仕事では若く見えると舐められるのでどうかなと思ったり(取引先から明らかに自分より年下の生意気男からタメ口でしゃべられるなど)、でもおばさんぽくてもババアとか言われるでしょうし、女って面倒ですね(怒)

 

 

すみません、グチです!(笑)

  

私が20代~30代前半の方にオススメしたい、「服・美容液をガマンしてでも先にやっておいた方がいい!」と思う美容医療施術をお伝えいたします!

早めの糸リフト

927819d4bcc9b3b5cea1e8816f26f0ce_s

初っ端から重めのチョイス(?)すみません。でもね、身を取るというか実際効果が高いのはやっぱり糸なんですよ。

 

 

早めから高周波当ててたるみ予防、という手もあるっちゃあるんですけど、何分コスパが劣ります。正直受けて良かったのかどうなのか分かりにくいんです。

 

いつもの“受けている自分と受けていない自分を比較できない”ということで、本当にアンチエイジングになっているのか判断しかねるんです。

 

それに比べて糸系は見るからに変化があります。人によってゆるみやすい部分は違います。ほうれい線・口横ブルドックラインの前兆・フェイスラインなど様々ですが、引っ張る糸は受けたらすぐにそのゆるみを改善することができる+溶ける糸効果で肌を鍛える効果も期待できます。

 

 

以前はウルトラVリフト推しでした。ウルトラVリフトは引っ張るものではありませんが、肌の引き締めにはとても効果的です。

でも、ウルトラVリフトは局所麻酔ができないため痛いし腫れるしで受けるにはそれなりの気合が必要です。加えて最低でも3回は続けたいところです。

 

 

それだったら、糸が肌に触れる範囲は狭いけど、引っ張る糸の方が自分のモチベも上がりますし、良いのではないかと思った次第です。

 

「引っ張るほど垂れてないけど…」という方も、大丈夫です。引っ張る糸も顔が引きつれる程に引っ張るばかりではなく、ちゃんと微調整可能です。

20代後半から、まず老化の波を第一波を感じますよね。顔の下半分のたるみが強い20代後半女子って、結構見かけます。

 

ある意味そこが勝負です。そこで手を打つかごまかすかで、将来の見た目が変わると言っても良いと思います。
フェイスリフト

 

シワができやすいところにボトックス

6cbdbbd2e45162d92ea7b55110a7bf13_s

シワ改善のボトックス注射は、美容医療の第一歩的存在です。永久に効果が続くわけではなく、シワ改善目的だと半年に1回ペースで打ち続けなければならない面倒な施術ではありますが、これもゆる~く続けると老化防止になります。

 

 

一番ボトックスをやっておいた方が良いかなと思う箇所は、額と鼻根です。目尻とかも重要ではあるんですけど、この額と鼻根という部位は、脂肪が少ないところです。ということはつまり、シワが刻まれやすいところなんです。おまけに刻まれたシワ由来の凹みを手軽に均す治療は、まだ存在していません。

 

 

もちろん、再生医療を意識した美肌注射とかヒアルロン酸注入という選択肢はあるのですが、美肌注射はそこまで効果が出ないですし、額にヒアルロン酸を打つのは想像しているよりもはるかに痛いんです。ですから、治療法に決め手が欠ける印象です。

 

 

 

 

鼻根もふとした時にシワが寄りやすいところで、ご老人の顔を見てみると案外鼻根の横ジワが目立つ人が多いですよね。私も今、鼻根のシワ取りを頑張っているところです。毛穴の開きも大きいところですから、シワと毛穴が合体してさらに凹んで見えるので、とても厄介です。

私は鼻根については、ボトックスは長年受けてきませんでした。額・眉間・あごがメインでした。鼻根も受けておけば良かったなと後悔しています。

 

ただし、打ちすぎは禁物です。ボトックスの抗体は、花粉症と同じく自分の容量が超えてしまった時にできてしまうともいわれていますので、たくさんの箇所に頻繁に打ちまくっていると、将来効かなくなってしまい、選ぶ薬剤に制限が生まれてしまいます。

 

 

あまりに早すぎるボトックス注射の導入は良くありませんし、どこにでも打てばいいやではなくしっかりと必要な部位を見極めるようにしてくださいね。

シワ治療

 

脂肪がもたつく部分に脂肪溶解注射

80b2916e31bc53122a7337ce8c2462dd_s

私は20代後半で顔とあご下の脂肪吸引を受けました。そのおかげで、長年フェイスラインをもたつかせていた脂肪から解放されてシャープさが出ましたし、口横に出始めていたたるみも無くすことができました。顔下半分の脂肪がかなりある方は、思い切って脂肪吸引をしてしまった方が良いようにも思います。ただし、ダウンタイムがハンパないので、簡単にはオススメできませんが…。

 

 

やはり顔の脂肪は、顔のたるみの原因になりやすいです。あご下の脂肪を放っておくと、顔のたるみを悪化させるという恐ろしい話もあったりします。

 

打てばすぐにシュッとするという万能なものではありませんが、脂肪溶解注射で顔の脂肪を少しずつでもコントロールするということも将来につながると思います。

もちろん太りすぎも注意しないといけないんですが、年を重ねてくると体重の増加がなくても顔の脂肪は目立ってくるものです。

 

 

都度都度少しずつでも重みを調整していくと、糸のリフトアップの時に上がりやすかったりもします。

ただし、難しいのは「顔の脂肪は気になるところはすべて無くせばいい!」と言うわけではありません。ヘタすると余計に老け顔に転んでしまう可能性もあります。

 

信頼できるドクターに「どこなら減らしても将来困らないか?」ということを確認するのをお忘れなきよう。
脂肪溶解注射FatX(ファットエックス)

 

フォトではなくスポットシミ取り

fcdc09bd6d05a520af00a3cd424a702f_s

「毎月の定期美肌ケアにフォトを」ということは、もう20年以上前から言われていることです。当然とても大事なことで、実際フォトを受け続けている人の肌はキレイであると、行きつけの美容皮膚科のナースさんが言っていました。

が!フォトを進めるのは“無難だから”ということも背景にあるかと思います。

 

 

 

理論上はシミだけでなくシワやたるみにも効果があると言われており、美肌全般のケアとして認識されています。そして施術も多くの女性が経験している“脱毛に似た感じ”で恐怖感がないですし、実際痛みもほぼありません。そんなわけで非常に万人受けしやすい光治療ですが、もちろん受けた人全員にオールマイティーに効果を発揮するわけではありません。

例えば私なんかは元々色白なためシミ自体の色が薄く、シミへの反応はごくわずかでシミがポロっと取れたことがありません。

 

 

フォトを受けて「良かった!美肌に一歩近づいた!」と実感できたならそのまま継続するのが良いと思いますが、「う~ん?なんかわかんないな」となるようでしたらば、目視で目立つシミを一つ一つ除去していくのも良いかなと思います。

シミって、実は肌に重なっていくつもあるんですよね。ですから、若い時から「これは確実に人に見えるシミ!」というものはルビーレーザー・YAGレーザー・ピコレーザー・炭酸ガスレーザーなどで地道に取っていくことで、10年後には「新たに出てきたシミをやっつければ良い」という状況に持っていけるかもしれません。

 

 

正直、シミが本格的に気になりだしてから治療していては、途方に暮れる恐れがあります。というのも、先ほど申し上げた通りシミは肌のいくつもの層にたくさん重なってできているものなので、「一つ取ってもまた浮き上がってきた…」となるのです。浮き上がってくるシミもあるのかもしれませんが、そうではなく“目立つシミが消えて他の薄いシミが見えるようになった”ということではないかと思うのです。

色が薄いシミを取るとすれば難易度が上がるので、ホクロや小さくて濃いシミから初めてみてはいかがでしょうか?

 

月1マッサージピールor週1トレチノイン

dd3aada9b8401c20f849e14042378dfa_s

私が他人から「肌がキレイ」と言ってもらえるようになるまで、肌ケアにおいて2つのターニングポイントがあったように思います。

1つ目はフラクショナルCO2レーザーを毎月受けて1年以上経過した頃。そしてもう1つはトレチノイン治療レチノールを使い始めて半年以上経過した頃かと思います。その時に「肌がキレイになったね」と古くからの友人によく言われるようになりました。

 

 

当然ながら人によって向き不向きはあると思いますが、私は積極的に肌の入れ替えを行うことで目に見えて肌がキレイになったと実感しています。角質培養よりもずっと変化がありました。

 

肌の入れ替えを行うと言っても、自宅でゴマージュをしたりピーリング剤を使ったりするレベルではありません。つまりレーザーを使ったりトレチノイン治療という医薬品やオバジゼオスキンなどの高濃度レチノールコスメを使うことにより、目に見えて皮膚が薄くはがれるケアでなくては思うように肌が変化しません。

もちろんそれらを使ったから一気に毛穴が見えなくなったとかそういうことではないんですが、肌ツヤが生まれれ明るくなり、保水力もアップしたように思います。

 

 

絶対毎月でなくても、例えばマッサージピールを4ヶ月連続で受けてみて、その後は自宅ケアで頑張る、などでも良いですから、少しずつでも取り入れていって欲しいですね。

 

どこのクリニックか悩んでいる方は、私のお勧めする聖心美容クリニックで、無料カウンセリングで不安をご相談もできますよ

豊胸:アクアフィリング

 

 

この際美容点滴などは受けなくても

そりゃあ受けると良いには間違いないと思いますが、美容点滴や注射なども「正直効果がよくわからん!」というものは多いですよね。

実際受けてみて効果を感じたら続けても良いかもしれませんが、あまり効果が見えにくいのにお金をつぎ込むのは果たして合理的なのだろうか…と思います。確かにビタミンC点滴や白玉点滴、プラセンタ注射は魅力的ですしついつい受けたくなるのですが、知らない間に数千円使い、それが積もると「糸リフトで顔めっちゃ上げれたんじゃないか!?」と思う金額になります。

 

 

そういう不確かなものにお金を遣うくらいなら、リフトアップやシミ取りなど確実に変化があるものにお金を置いておき、体の中云々というのであれば体を老化させる飽和脂肪酸の多い肉類を控えて大豆&野菜中心の生活にし、運動して成長ホルモンを分泌させた方がよっぽど効果があるような気がしています。

 

 

ちなみに私はノンミートベジタリアンになってから血圧が下がり、便通が良くなり肌荒れ知らず、より若い若いと言われるようになりました。皆さまも週3ノンミートベジタリアンを目指してみては!