【美容整形ルーティン】私の顔全体の糸&針マップ

【美容整形ルーティン】私の顔全体の糸&針マップ

今回は顔全体のリフトアップの糸や注射系(針)の部位に関してご紹介させていただきます。

なんか線がたくさんありすぎてよくわからん状態ですが、、、

一つずつ解説していきます!

グラフィックス1

【水色】ヒアルロン酸

ヒアルロン酸注入が絶対外せないポイントが、ゴルゴ線です。

 

私はゴルゴ線は小さい頃から目立ちやすい方なので、靭帯の張りが強いのだと思います。

 

そんな方はヒアルでなんとかごまかせますが、確実に無くしたいなら靭帯を切断する手術がおススメですね!

ちなみに私はゴルゴ線の上にさらにえくぼが重なって存在している厄介なタイプなんです(;´・ω・)

 

このえくぼ状の凹みに関してはヒアルをいくら追加しても改善しません。今度イノプラスなどがいいでしょうね!

ほうれい線対策で小鼻横にも注入できますが、ここは血管閉塞のリスクが高い危険部位ですから、安易にはできませんというか、大手チェーンだとやってくれません。
そうなんですね。
必ず解剖を理解しているドクターにカニューレを使い慎重に注入してもらってくださいね。

【緑色】ボトックス

 

ボトックス注射ってよく聞きますね!

正確にはボトックスではなく、ボツリヌストキシン(リジェノックス多し)といいます。
部位は額・眉間・あご・エラです。眉間・額・あごは無くてはならない施術ですね!

【赤色】糸リフト

  

ミントリフトⅡminiフレックスやらVOVリフトなどの引っ張る系の糸です。糸によって挿入方法が違ってきます。

3D リフトの場合はフェイスラインに沿った感じで入れます。ただし、3Dリフトは糸が入って執着地点で一回肌から糸が出ますので、顔の目立つところに針孔ができてしまうこともあります。
糸リフトって負担とかその後がすごく大変そうなんですけど、どうなんですか?
そうですね。年に1回くらいで続けていくのが一般的だと思いますが、ダウンタイムの不自由さが嫌な方は、片側4本ずつくらいで半年に1回受けることもできますよ!
麻酔代も4万~かかりますので、麻酔代を払うなら糸に使いたい方は局所麻酔で頑張る方もいます!

糸リフト

http://www.photo-ac.com/

【黄色】ウルトラVリフト

   

引っ張る系の糸でリフトアップをしますが、ウルトラVリフトの小さい針でハリアップや肌質改善も効果的です。

ウルトラvリフトって名前からすごそうですね。
こちらは本数が多いと引っ張る糸よりもはるかにダウンタイムが激しくなりますので、20~30本くらいでこまめに受けた方が良いと思います。
効果がある分負担を減らすことが大切なんですね!
こまめに受けた方が良いというのは、やり始めの方や頑張れる方は3ヶ月に1回のペースだとパーフェクトですね!

 

【紫色】美容鍼

   

これは美容整形に入らないものですが、一般的にやっている方が多いのでご紹介させてもらいます!

 

私も美容鍼はやったことあります!

美容鍼は顔中どこにやっても効果があるのでまだ受けてない方はぜひおススメですね!

【オレンジ色】リデンシティⅠ(栄養補給ヒアル)

リデンシティⅠは、半年に1回繰り返すだけで、目元の小ジワにとても効果的な施術です。

目元だけでは量が中途半端に余ってしまうので、顔全体に散らすように水光注射してもいいですね。画像のオレンジの点々はそれです。
目元で顔全体の印象を変えることができますね!
ただ、目元の脂肪や皮膚が薄い方は、リデンシティⅠでは改善が厳しいですが、クマができにくく乾燥による小ジワが気になる方におススメです。

 

注射

http://www.photo-ac.com/

ご紹介は以上になります!
なんかたくさんありすぎで大変な気がします…
これはあくまで“美を保つため”のメンテナンスで、ネットでよく言われる「1回整形したからずっとメンテしなくては!」というものではありませんのでご安心を。いつでもストップすることができます。

豊胸:アクアフィリング