5年以上のボトックスユーザーのボトックス注射の持続時間

5年以上のボトックスユーザーのボトックス注射の持続時間

私は少なくとも5~6年はボツリヌストキシン注射を受け続けています。

 

 

部位は、エラ・アゴ・眉間・額の4ヶ所です。いや~今となってはそのいずれの部位も外せませんね!

 

 

今回は、無くてはならない存在になってしまったボトックス注射の持ちについて、長年打ち続けている私の感じるところをお伝えしたいと思います!

 

アラガンボトックスとその他の差

142a035f27fd0912f089f762a300c4e9_s

http://www.photo-ac.com/

“ボトックス”という呼び方がメジャーではありますが、ボトックスは商品名になりますから、ボトックスやその他のメーカーの薬剤を使用した注射を総称して“ボツリヌストキシン注射”と呼ぶのが一般的です。

 

 

ただ、ボツリヌストキシンは言いにくいので、クリニック側もそれをわかっていながら「アラガンのボトックスですか?それともリジェノックスのボトックスですか?」と、実は意味不明な聞き方をしていたりしますが、しかし混乱を防ぐためには仕方ないでしょうね^^;

 

 

私も初心者の頃は気を遣って高い方のアラガンにしていたのですが、結局今はリジェノックスなどの安価な方に落ち着いています。正直なところ持ちや効きに関しては差を感じていません。

 

 

しかしながら、アラガンボトックスの方が皮下や筋肉内で無駄に広がらずに悪影響も出にくいとかで、部位によってはアラガンでないと施術しない、という場合もあります。

 

ボツリヌストキシン注射の持ち

82789085a2663381ae3b7d9e6d2f7ef5_s

http://www.photo-ac.com/

人によって筋肉の発達具合や緊張度合いが違うので、あくまでも私個人の感想でしかないのですが、エラと眉間については打ち続けるうちに持続時間が長くなったのを感じました。

 

 

私は噛みしめ対策としてエラに打ち始めたのがきっかけで他の部位も受けるようになったのですが、最初の頃は3ヶ月すると夜にがっちり噛みしめて寝るようになりましたし、ちょっとまぶしいだけで眉間にはシワが寄っていました。

 

 

 

しかしながら、5年以上経過した今では眉間とエラに関しては5ヶ月くらいは間隔を空けても平気です。もちろんずっとシワがまったく寄らない状態をキープでいているわけではなく、徐々に力を入れると筋肉が動くようになりますが、見た目にはそこまで気になりません。

 

 

 

つまり、エラと眉間に関しては、年2~3回注射するだけでOKです。大手チェーンクリニックですと、一部位3000円~4000円くらいで受けられますから、経済的にはかなり負担がないと思います。

 

持ちが良くならない部位もある

e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_s

http://www.photo-ac.com/

相変わらず持ちが良くないなと感じるのが、アゴと額です。特に額は2ヶ月くらいで効果が弱まり、シワが寄り出すのが気になります。

 

 

そうは言いつつも、アゴはやっぱり持ちが若干ですが長くなっているようにも思えます。こちらも4ヶ月くらいは少しシワが寄りつつも「打ちにいかないと!」という感じではないです。

 

 

ただ、いつも2~3部位くらいまとめて打ちますから、気になりだしても実際に打つ頻度としては、結局どの部位も半年に1回くらいかもしれません。

 

特に外せない部位は…

bbf1fa3716b50bd5af471fc92a25025c_s

http://www.photo-ac.com/

私の場合、効果が切れてきて一番気になるのはアゴです。次に気になるのが額です。

 

 

アゴは、見た目というよりは自分の感覚がしんどくなってくるのです。

 

あごの緊張があまりない方からするとアゴのボトックスは“よだれダラ~のリスクがあって効果もよくわからない”ところかもしれませんが、私のように口元に力が入りやすいタイプですと、ふと気づくと口をムッ!と閉じており、疲れやすいのです。なので、アゴが切れるタイミングでクリニックに足を運んでいると言っても過言ではないかもしれません。

 

 

 

外せない部位第2位の額ですが、こちらは見た目が気になってきます。自分で鏡を見ている分にはまったく気にならないのですが、人と話していて大き目のリアクションを取ったりした時などに力が入っていることを感じ、真っすぐに降りた前髪に対して垂直にシワが入る様を想像してゾッとします(笑)この額のシワって、ほうれい線と匹敵するくらいに年齢感が高まりますよね!

 

 

それに額って脂肪が薄い箇所なので、折りたたむ動作が繰り返されれば繰り返される程にシワが深くなっていきます。

 

 

予防のためにも打ちたいところですが、一方目が重く開きにくくなるリスクもあるところです。慣れている先生のところでやってもらうようにしましょう。(かと言って怖がって少ししか打たない医者も多いのも現実ですけどね…)

 

頻繁に打つと効かなくなるからご注意!

2d0b930b40a8eb29a30d4a249d5ee20f_s

http://www.photo-ac.com/

ボツリヌストキシン注射を受けていく上で注意しなくてはならないのが、“頻繁に受けすぎない”ということです。理由は、一度体の中で抗体が作られてしまうと、その薬剤は二度と効果を発揮しなくなるから、です。

 

 

 

クリニックは3ヶ月に1回くらいの頻度を推奨していることが多いですが、自分が気にならなければ間隔を空けても大丈夫です。もちろん、最初の方は続けて打つ方が早く筋肉がボリュームダウンし、その後受ける頻度を落とすことができる、というケースもあるでしょう。

 

 

 

ちなみに、どこのクリニックも頻繁に打たないようにストップをかけてくれ、結構厳しいです。

 

「最近、同じ部位に他のクリニックでボトックス注射を受けていませんか?」と予約時に電話で聞かれ、受付時やドクター問診で聞かれ、処置室で看護師さんに聞かれたりと、かなり重ねてチェックされることもあります(笑)まあそれは私たちのために聞いてくださっているんですけどね!

 

 

 

一度抗体ができれば、薬剤の種類を変更するしかなくなります。リーズナブルなボツリヌストキシン注射を受けることができなくなり、高価なボトックスなどを受けなくてはいけなくなるということです。

 

 

ちなみにアラガンボトックスは抗体ができる可能性が低いそうです。そして、抗体ができにくいのを売りにしているのがゼミオンです。

 

 

「本当に抗体なんかできるのかな?」とか他人事のように考えてしまいますが、近年クリニックでやかましく言われるようになったので、まあそれなりの人数が現場で効かなくったのでしょう…。何事も「過ぎたるは…」ですね。