【整形初心者さん向け】初めて二重整形した後の注意点

【整形初心者さん向け】初めて二重整形した後の注意点

二重整形は、本当にポピュラーなものになりましたね。

 

 

切開手術に関してはまだ否定派もいますが、私は受けたことを今のところ後悔はしていませんし、身近にまぶたの脂肪が厚くて悩んでいる人がいれば、切開を勧めます。

 

 

方法はとにかく、春休みの間に二重手術を受けた女性もたくさんいるのではないかと思います。

 

 

そこで今回は、二重整形をした後に気を付けることについて、お伝えしたいと思います。

 

いじらない・力を入れたりしない

どんな整形でもそうですが、施術後は余計なことをしないで様子を見るのが一番大切です。

 

 

埋没ならほとんど血が出たりすることもないと思いますが、切開手術の後は糸のまわりにビッシリ血のかたまりがついたり、メヤニが出たりすることもあります。

 

 

ただでさえ痛みや違和感で気持ち悪いですし、見た目も凹む感じですから気になるのはわかるのですが、綿棒で無理に汚れを落とそうとしたり、二重の幅を確かめるために目を見開いてみたり力を入れたりするのは良くありません。

 

 

傷が安定していませんから、とにかく自然に過ごしてくださいね。

 

 

ただし、傷口はある程度清潔さを保たなければいけないのも確かですから、クリニックにて指示された方法で適切なケアをしてくださいね!

middle_21399_0

http://weheartit.com/

二重幅の仕上がりを急がない

二重整形は、見た目がガラリと変わるものなので、どうしても早く仕上がりを確認したいものです。

 

 

女性は特に、日々自分の目を間近で見ていて仕上がりの理想も高いです。「アイライン引くときにここが狭いと意味がない!」とか、本当に細かいこだわりがあります。

 

手術を受ける前にドクターに細かい希望まで伝え、ドクターもそれに近い仕上がりになるよう頑張りますが、限界はあります。人間は元々左右対称ではありませんしね。

 

 

で、抜糸の後の二重の状態を見て、「うわ、右目はいいけど左目が思ってたのとは違う…」といったことを感じることもあるでしょう。そうなると居ても立っても居られず、「早く修正を!」と思うのは無理もありません。

 

 

しかし、先程申し上げたように、人間はシンメトリーではないのです。腫れや一時的なひきつれだって、シンメトリーに起こるわけではないのです。

 

 

ですから、ダウンタイム中に自分で「これは失敗に違いない!」と決めつけて、クリニックに怒りをぶつけるのはやめておいてくださいね。あなたの損になる可能性もあります。

 

 

抜糸の後、一ヶ月後に検診を行うクリニックが多いです。その際に、気になるところを先生に“冷静に”伝えます。

 

 

医者と言えども相手は人間です。食ってかかると、その後の対応が雑になるかもしれませんし、修正作業の手を抜かれるかもれません。とにかく感情を抑えて話をしましょう。

 

 

そして、しっかりと対応内容を確認します。

 

・自分の状態であればいつ修正するのが望ましいか。

 

・修正した場合の成功率はどれくらいか?

 

・例えば保証があって、その保証を使うのならばいつまでなのか。

 

・費用はいくらかかるのか。

 

 

そういった質問をして、その場でメモを取ると良いと思います。

 

メモを取るのもちょっといやらしいと言えばいやらしいですが、「忘れちゃうのでメモを…」とアホの子のフリをしてメモを取り出しましょう!(笑)

 

 

ただし、早めに再手術した方が良い場合もありますので、ドクターの判断に従うか、対応が悪いのであればセカンドオピニオンを検討してみてくださいね。