ホクロ・シミのレーザー処置後の色素沈着管理について(3)

ホクロ・シミのレーザー処置後の色素沈着管理について(3)

引き続きレーザー処置後の色素沈着回避についてのお話で、今回は私が使用している色素沈着防止アイテムからお伝えしていきますね!

 

色素沈着を防ぐアイテムの活用

色素管理を防ぐため、施術後数ヶ月欠かさないようにしているのが、以下のアイテムです。

 

・メラニン抑制系の美白剤
・漂白系の美白剤
・トラネキサム酸内服
・L-システイン内服
・ビタミンCサプリ
・美容点滴

 

ホワイトニングコスメをチョンチョン置き

具体的に私が愛用しているのは、
メラニン抑制系は、ルミキシル・サンスターホワイトロジーエッセンス・ルビパール(同成分のホワイトショットSX)・ホスピピュアなどです。世の中にあふれる“美白”を狙ったコスメのほとんどが、“メラニンの生成を抑制して今後シミを作りにくくする”という予防系ですから、これは人それぞれに好みのもので良いと思います。高機能なものがたくさんありますからね!
これを、テープ保護期間が終わってから、朝晩綿棒でシミがあった部分にチョイチョイとつけます。出かける時はその上からナビジョンのコンシーラーを重ねて、紫外線をブロックします。
指先ではなく綿棒でチョンチョンと置くのがポイントです。もちろん、摩擦を避けるためです。これはドクターからの指示でした。

-e1465469906261

http://weheartit.com/ 

ハイドロキノンはヤバいと思った時点で登場

 

漂白系の美白剤は一択でハイドロキノンのクリームです。でも、ハイドロキノンは刺激が強めですから、肌がピンク色の段階では使わない方が良いような気がします。基本メラニン抑制系を使い続け、茶色くなってきた場合にハイドロキノンを投入しています。
完全に色素沈着してしまった場合は、トレチノインとセット使いです。

 

シキチン予防の内服・サプリ・点滴

トラネキサム酸の内服はトランシーノだったり、美容皮膚科で処方してもらったものです。
L-システインの内服もクリニックで出してもらうこともあれば、市販のハイチオールなどを買ったりです。
ビタミンCのサプリは、ローズヒップ入りのネイチャーメイドですが、L-システインのサプリの中に含まれていることもあるので飲んだり飲まなかったり、です。

 

美容点滴は、グルタチオンのみだったり、トラネキサム酸・ビタミン類のカクテルを2週間に一度くらい受けるようにしています。(トラネキサム酸は内服と点滴をかぶらせないようにしています。念のため)

 

こんな感じで、体の外と中からメラニンの生成を抑えることを心がけています。
もちろん、トマトなど肌に良い野菜もたっぷりと摂りますよ!
次回ラストに続きます!