マニアック!品川と湘南 シミ取りレーザー後のテープの違い(前編)

マニアック!品川と湘南 シミ取りレーザー後のテープの違い(前編)

少しでも美肌に近づくため、毎月のルーティンはケミカルピーリング(サリチル酸マクロゴールピーリングかミルクピール)とフォト系の光治療は欠かさないようにしていました。

 
しかし元々色白でシミの色自体が薄く光に反応しにくいということと、もしかするとシミがADMという種類で取れにくいのかもしれないと思い、炭酸ガスレーザーとルビーレーザーでスポットで治療に取り掛かっています。
私は今回のシミ治療は、品川スキンクリニックと湘南美容クリニックの2つで受けており、処置後のテープなどが違うな~と思ったので、それをお伝えしたいと思います。

 
え?テープなんてどうでもいいですって?いやいや、テープ保護って大事なんですよ!(またテープ保護の重要性については他の記事でお伝えします!)それに、テープは見た目にも影響してきますから、これからシミ取りを考えている方にはそれなりに参考になると思いますので、呆れずにお付き合いください(笑)

 

品川スキンクリニックの場合

3F43WT

http://shinagawa-skin.com/lp/lp_shimi/
品川スキンクリニックの施術代金には、診察代・薬代アフターケア代が含まれています。なので、アフターケアとして使用する軟膏とテープは、無料でもらうことができます。
今回は、小さな小分け容器に青い透き通った軟膏をちょっと入れてあるものと、肌色のテープ7×4センチくらいのサイズのものをいただきました。

 
処置後すぐに看護師さんが患部に貼ってくれますが、生活してくるとはがれることもあります。はがれた場合、青い軟膏をチョンと付けてから、テープを自分で丸くカットして貼り付けます。
ちなみにテープはどんな形に切っても良いそうです。丸く切るのは、見た目のためになるべく面積を小さくした方が良いほか、丸の方がはがれにくいということがあるのではないかと思っています。

 
ま、私はだいたいバッツリ四角く切ってバーンと貼り、マスクすらしない子ですけどね!(笑)(あまりに堂々としすぎて、男性社員からも「どうしたの頬?」とツッコまれる始末です笑)

次回は湘南美容クリニックについてお伝えします!