やらなくても良かったかも?と思った整形&美容皮膚科治療(2)

やらなくても良かったかも?と思った整形&美容皮膚科治療(2)

前回の記事⇒⇒やらなくても良かったかも?と思った整形&美容皮膚科治療(1)

今回は、前回に引き続き「う~んやらなくても良かったかも?」と思ってしまった美容施術について、お伝えしていきたいと思います。
これから整形を考えている方のご参考になれば幸いです!

 

ヒアルロン酸バストアップ

large_552367_1

http://weheartit.com/ 
こちらもなくなるのが早すぎて、「もったいなかったな~」と後悔しました。
そしてさわり心地も固いので、メンズと仲良くするには不向きだったりします。ただし、量・注入場所・ヒアルロン酸の種類などによって、固いと感じるかどうかは変わってきます。
あくまでも、バッグや脂肪注入での本格的なバストアップ手術を受ける前のシミュレーションだと考えておいた方が良いかなと思います。胸に限らないのですが、鼻でもあごでもヒアル注入で形をキープしようとしたら、余計に高くつく場合が多いのです。
もしくは、ひと夏海での思い出作りの際に見栄を張りたい時、ですかね(笑)

 

光治療(フォト系)

large_50449_2

http://weheartit.com/ 
フォトフェイシャルを毎月受けることは、もはや美肌をキープするための常識のようになっているのではないでしょうか。美容外科の看護師さんにも「フォトを毎月受けている人のお肌はやっぱりキレイですよ」と教えてもらい、途中フラクショナルCO2レーザーに変えた時期もありますが、かれこれ7年くらいは受け続けています。
しかしながら、人によっては劇的な効果が見えにくい場合もあります。そう、私のように元々色白でシミ自体の色が薄い方は、シミがポロット落ちるという体験もありませんから、「ホントに効果あるのかな?」と思ってしまうんですよね。
ただ、シミはポロッと取れるだけではなく色素が破壊されて分散するように消えることもあるそうですし、フォトRFなどは肌表面に作用するだけではなく肌の奥にも働きかけるので、ダウンタイムがなく総合的な美肌治療として推すドクターが多いですね。
いつものことながら、受けていない自分と比較することができないので何とも言えないのですが、「フォトをずっと続けてきて良かったか?」と聞かれると、少しだけ悩んでしまいます。
実際、シミはルビーレーザーや炭酸ガスレーザーで消しましたから…。ただ、ストップするのも何となく不安で、諦め悪く未だに月一で続けてはいます(笑)

次回に続きます!