小悪魔agehaモデルに学ぶ!そのこだわりが美を招く

小悪魔agehaモデルに学ぶ!そのこだわりが美を招く

アラサーの私は完全に小悪魔ageha世代で、アゲ嬢と呼ばれた読モさんがらみの記事もたくさん書いてきました。

 

アゲハ愛読歴は驚きの12年!で、12年もあれば女は別人のように変わります。昔はアゲハを買ったら隅から隅まで読んでいましたから、モデルさんの顔の変化だけではなく、モデルさんの好み・こだわり・背景などについても詳しくなります。

 

 

今回は、どんどん美しく進化していったモデルさんたちの、その凄まじいこだわりについてお届けしたいと思います。

 

自分を客観視する機会が少ない私たち一般人は、こういうこだわりを知ることにより、さらに意識を高めて行けるのでは、と思います。

 

 

もっと広く!荒木さやか

mig

haircata7.blog84.fc2.com

今となっては夜系女性に定番となった幅広平並行二重ですが、その走りはやはり荒木さやかさんではないでしょうか。

 

荒木さんも最初から今のような幅広ではなく、昔はもう少し控えめな二重幅に整形していましたが、途中でさらに広くお直しをしました。そのためか、折りたたまれるポイントが定まらず三重になったりしていて、ご本人もそれが気になると雑誌の中で語っていました。

 

何回も手術を繰り返すのが良いとは思いませんが、独自の明確な理想を持ってそれに向かって突き進むこだわりは、やっぱ美を一歩先に進ませる力になると思います。

みんなまだ二重幅にこだわりがそこまで強くなかった時代に、荒木さんは自分で考え幅広を求めたのですから、スゴイ発想力だなと思います。

 

左右差は許さない!愛沢えみり

20170706151104

https://twitter.com/emirio9o1

元々二重まぶたなのかもしれませんが、二重幅を整形で広げたのは間違いないであろう愛沢さん。

 

小悪魔agehaに出てきた当初はかなりメイクがナチュラルで薄く、左右の目の形にも差がありました。しかし、アゲハが廃刊に追い込まれたりなんやらしている間に右目を再度整形し、開き具合や二重の幅をきっちり左目に合わせました。

 

左右差は絶対に許さない!」という意気込みが感じられますね。確かに、シンメトリーはわかりやすい美の基準です。(応用としてわざとアシンメトリーにしてミステリアスさや色気を出す手法もありますが、基本的に目指すはシンメトリーです。)

 

でも、もしかしたら雑誌に出なければそのままお直しすることはなかったのかもしれません。だって、一般人からしたら「それくらいの差、大丈夫だよ!」と思うレベルだったからです。

 

やはり自分を客観視できる写真は、自分の美を追求するためにはかなり有効なのですね。もちろん、キメキメのセルフィーでは意味はなく、ふとした写真で本来の自分を知ることが重要ですね。

今回も、小悪魔agehaモデル(一条さんは数回出ただけですが…)の美へのこだわりを見ていきましょう!

 

紙面で自分の顔をチェックし改善点を探す→実行して美をブラッシュアップ!という美サイクルを持つモデルさんのこだわりを見て、私たちも見習っていきましょう!

 

シミ・ホクロはできたら即除去一条葵

UpBbeVfK_400x400

一条 葵 (@aoiichijo) | Twitter

伝説のキャバ嬢である一条さんも、いよいよアラフォーとなりました。

 

でも、いつまでもお美しいですよね!美容が趣味ということで、色々気を遣われているのだなと思います。しかしながら、残念なことに一条さんはご自身の美容法をあまりされません。ネット上にもほとんど有効な情報は見つかりませんでした。

 

でも、一部の情報で「今できることは今やる」という風な主義であると言われており、シミやホクロはできたらすぐに除去されるそうです。

 

でもまあこれは私たち庶民にはちょっと難しいところもありますよね。一条さんのように金銭に余裕ありまくりなら良いですが、私たちは「よし!シミをとりに行くぞ!
…あ、いや今月ピンチなので今できましぇーん」という感じですもんね^^;

 

ではここからは私がファンである美の伝道師真優川さんのこだわりをどうぞ!

 

産毛まで許せない真優川咲

c75f94c6c5342239c86da4c55e9cc5b4

https://hashmag.jp/articles-1030

 

いらない情報が多くてめんどくさいと思っているため、人のブログやインスタは追いかけない主義です。美容縛りとかで食事の話とか抜きにしてくれたらチェックするんですけどね!でも、真優川さんは美容の話が多いため、結構マメにチェックしています。

 

最近オススメしておられたのが顔脱毛で、なんと産毛まで許せないとのことでクリニックでの医療脱喪に着手しています。

 

私も顔の産毛は気にならないことはないんですが、大体脱毛してたらわかるじゃないですか。「産毛は無理だな」ということが。いや、正確に言うと無理ではないのですが、脱毛で産毛をやっつけようと思ったらお金も時間もかかりすぎるからそこはもう諦めるわ!となりません?

 

 

ところが真優川さんは頑張って着手していました。

もちろん芸能人割引的な優待はあるのかもしれませんが、痛いし通うの面倒だしで、安くても受ける気になれん!と私なら思ってしまうのですが、いや~やはり美意識高い真優川さんには刺激をたくさんいただきますね!

美容医療だけでなくエステも活用真優川咲

美容医療も積極的に利用している真優川さん。
皆さまはどうかわかりませんが、私は整形すればするほどエステ類が信用できなくなり、エステは見向きもしなくなりました。行くとしたらむくみを取るリンパドレナージュとか鍼灸のみで、エステや根拠のない小顔強制的なものはシャットアウト!という感じです。
真優川さんは、エステ・コルギ・ヘッドスパなどもちゃんと受けていて、そこで基礎化粧品なども買ったりしているんですよね。正直意外でした。

美を追求するからこそ、曖昧なエステとかは受けないのかと思っていたからです。
う~ん、やっぱり“お手入れしている”という意識も大切ですし、自分が気に入ったものは医学的に否定されたとしても取り入れるのですね!やれることはすべてやる!という感じなのでしょうかねddd

ごはんを鏡の前で食べる真優川咲

誌面で見るとすっごくかわいいのに、動画で見ると「うわ、なんか違う…」と感じることって結構多いですよね。まあその方のキャラとかもありますので、みんながみんなかわいらしい声でおしとやかな感じでなくてもよいのですが。
真優川さんは、若干ぶりっ子的な感じはありつつも、動画でもとってもかわいいオーラが出ています。メイクハウツー動画とかでも笑顔を絶やさないし、常に“人からどう見えているか”を意識していてスゴイな~と感心しています。
それは実は、自主トレのたまものなのです。鏡の前でごはんを食べたりして、普段から行動も美しく、仕草がかわいく見えるようにトレーニングをしているのです!なんという美への執着…!

 

 

いや~負け負け、精神から全部負けですわ!という感じです!
美しい人は、みんなそれぞれにこだわりを持っておられます。私ももっと、こだわっていかないと!と思いつつ、年を重ねるごとに「もうBBAだしどうでもいいわ~」感が増していっています(笑)