市販コスメよりも効果あり!?美容皮膚科の院内製剤(前編)

市販コスメよりも効果あり!?美容皮膚科の院内製剤(前編)

今回は、美容皮膚科がオリジナルで調整している院内製剤についてご紹介したいと思います。
味気ないパッケージの院内製剤に興味を持てない方もいらっしゃるかもしれませんが、私はコスメに対しては、使用感よりも効果を求める派です。
なので、市販コスメよりも濃度が高い場合が多いクリニックオリジナル製剤には興味津々です!
どういう基材を使うか、濃度はどれくらいにするかなどはそのクリニックによってまちまちですし、数種類の成分を混ぜて工夫しているクリニックもありますから、美容皮膚科にかかったら院内のパンフなどをチェックしてみてくださいね!
では、目的別にどんなものがあるか見ていきましょう!

美白

middle_845701_0

http://weheartit.com/ 
美白のために処方されることで圧倒的に多いのがハイドロキノンです。他にも様々な美白成分はあれど、できてしまったシミを漂白する力を持つのはハイドロキノンのみと言っても過言ではないからです。他の美白成分は、あくまでも次にできるかもしれない“シミの予防”に尽きます。
クリームタイプが多いですが、中にはジェルタイプで作っているクリニックもあります。濃度は2%~5%までくらいが多いです。
ハイドロキノンは刺激が強くアレルギーを起こすこともあります。無理せず低い濃度から始める方が無難です。5%を超えてくると、アレルギーの可能性が一気に高まってしまうとの情報もあります。
ちなみに、ハイドロキノンは浸透が悪く単体で用いても効果が出にくいと言われ、大抵の場合はトレチノイン(ビタミンA誘導体)とセットで使用します。
シミだけでなくバストトップやVラインの黒ズミにも効果を発揮します。

美白だけでなく毛穴や皮脂抑制にも効果があるビタミンC誘導体の化粧水も、よく取扱いがあります。
まあ正直なところビタミンC誘導体のローションは市販品でも簡単に手に入りますし、皮膚科でわざわざ買わなくても…と思ってしまいますが、濃度などにこだわりがある方には良さそうですね。

 

 

私が好んで処方してもらうのが、コウジ酸のクリームです。
市販でもコウジ酸配合のコスメはありますが、やはり濃度の問題なのか?クリニックで処方してもらう1%のクリームの方が効果を感じます。
ただし、こちらはハイドロキノンよりも美白効果は劣りますので、シミに効かせたい場合はイマイチに感じると思います。
私はこれを使うと黄ぐすみがなくなるのと、肌が安定するのでたまたま肌に合っているのだと思います。あと、コウジ酸はお酒コスメ好きの私にとってはイメージも良いんですよね(笑)

後編に続きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)