クリニックケアに負けない!強めおこもり美容(ラスト)

クリニックケアに負けない!強めおこもり美容(ラスト)

今回でおこもり美容のシリーズ最終回です。

前回の記事⇒⇒クリニックケアに負けない!強めおこもり美容(3)

 

ダーマローラー・ダーマペン

セルフでも攻めのケアができるのが、ダーマローラーやダーマペンです。
自分でやってクリニックよりも落ちる点は、針の深さと使用する薬剤ですね。素人がダーマローラで浸透させるとすれば美容液レベルですが、クリニックでは例えば臍帯血幹細胞培養上清液やヒトプラセンタなどを使用してもらえます。
針はまあ根性出したら自分でも深めにはいけますかね…?^^;
セルフの場合のオススメの美容液は、クリニックでの施術でも使われているサイトプロの“マイクロニードリングソリューション プレミアム”がイチオシで、次にAQ Skin Solutionsのリカバリーセラム、リポペプチドです。
クリニックで買えるリジェンスキンマスクを使用するのも良いですね!

 

ミルクピール

fair_skin_05_05_00

https://www.primo-clinic.jp/fair_skin/fair_skin_05/
クリニックで受けてみて以来、私もサリチル酸マクロゴールピーリングの次に気に入りました。
ミルクピールを調べていた時にたまたま見つけたのですが、これは今のところ個人輸入が可能な商品なようです。つまり、自分でできちゃうわけですね。
まあでも、ミルクピールは肌に塗っている間、結構な刺激があります。それに、放置時間1分程度というすごく短い時間なので、慌てて拭き取りをしなくてはなりません。
そういうことで、トラブル回避のためには自分ではやらない方が良いでしょうし、怖がりというか不安に感じられる方は、他にもセルフでケミカルピーリングできるものがありますので、そちらをオススメします。(過去記事検索してみてくださいね!)

 

トレチノイン療法

milkpi_body

https://www.s-kyoritsu.com/treatment/skin/peeling/
トレチノイン(ビタミンA誘導体)は、肌の生まれ変わりを促進する働きを持っています。
クリームを塗るだけですが、その変化は強力です。頑張りすぎると顔が真っ赤&ヒリヒリで、仕事が手に付かなくなります(笑)
製品化されていてプログラムに沿ってケアできるのが、オバジのゼオスキンです。トレチノインのことはわかっているからプログラム化されていなくてもいいわ~という方は、トレチノインとハイドロキノンのみでも大丈夫です。
いずれにしても、クリニックで処方してもらうことになりますので、こもる前に用意が必要です。
ケミカルピーリングのように「塗って流したらつるんと一皮むけたようになりました!」ではなく、赤みが出たり皮むけしたりするA反応がありますので、それに耐えられそうにない方は他の方法の方がオススメですが、美肌効果は高いです。
ただ、マスクができる時期にぴったりで、レーザー治療とは併用できないということで、おこもり美容期間に取り入れるにはうってつけかな?と思います。

 

どうでしょうか!?ちょっとは強めのおこもり美容になりましたかね!?
基本的色々自分でやりたい子なので、実は他にもごちゃごちゃセルフでやっちゃってますが…(笑)
でも、色々やっても家でダラダラ餅ばっか食べてちゃダメですよね(笑)電車に乗ってクリニックに行かない分、家の周りをウォーキングします!顔のたるみには運動がかなり重要ですしね!
春にキラキラできるよう、頑張りましょうね!