小ジワに効いた!ヒアルロン酸注射リデンシティⅠの実力を検証

小ジワに効いた!ヒアルロン酸注射リデンシティⅠの実力を検証

最近「とりあえず受けておくか」程度に軽く注射したリデンシティⅠというヒアルロン酸ですが、想像以上に効果があったので詳しくレポしたいと思います。

 

小ジワに悩む方必見です!

 

目の下の網目状の小ジワ

元々分厚い脂肪に覆われた一重ということもあり、アラサーからアラフォーに足をかけている今でも目の周りにシワはほとんどありません。笑ってもカラスの足跡もゼロです。

 

 

 

しかしながら、拡大鏡で肌をチェックしていると右目の下に細かいシワがあることを発見しました。

 

 

 

左側はまったくないのに、右目の下まぶた目尻側に、笑うとまるで水玉模様のようにシワが表れます。

 

 

 

私のシワはストレートな線ではなくて網目状に出来るっぽいです。今は初期段階で、網目までいかずポツポツと極小の穴が浅く開いているように見えます。

 

ヒアルロン酸パッチでケア

やはり見つけてしまったものは気になりますし、早めにケアしておく方が良いよね、ということでレチノールαリポ酸のアイクリームを使い始めました。市販品では資生堂のレチノールクリームや、ポーラのリンクルショットです。

 

 

 

しかしそれでも一発解決とはいかないので、ヒアルロン酸パッチもプラスしました。ヒアルロン酸を小さな針状に固めてパッチにしたもので、貼るとちょっとチクッとして痛みがありますが、夜貼って一晩寝ると翌朝には驚くほどふっくらとした仕上がりになります。

 

 

 

このヒアルロン酸パッチを週一使い、他はアイクリームを伸ばして様子を見ていました。

 

 

パッチを使うと劇的にシワが改善するので満足には満足なのですが、週一でケアしないと復活するような気もするし、何よりパッチは地味にコストがかかるな~と思い、次の手を考えることにしました。

make6

http://weheartit.com/

美容皮膚科でのアイケア選択肢

ラウンドアイケアを美容クリニックでするならば、かなり色々な選択肢があります。

 

 

 

高周波などのレーザー・ヒアルロン酸注射・ボトックス注射・メソセラピー・ダーマローラーorペン・ウルトラVリフトなどなど…クリニック独自の方法を編み出していたりしていますので、見ていると面白いけど迷いまくります!

 

私は結局無難?なヒアルロン酸注射にしました。

 

 

目の下の小ジワに対する対処について、お話ししていきたいと思います。

 

 

セルフケアで目の下の小ジワに対して一番効果を感じたのはヒアルロン酸の針が付いたパッチで、それに数種類の異なる作用機序のアイクリームをプラスする、というケアをしてきました。

 

 

 

しかし、小ジワを消した状態をキープするには結構お金がかかるもので、もっとこうズバッと効果が現れて長続きするものがないかな~?と、美容皮膚科にて相談してみたのでした。

large_562460_1

http://weheartit.com/

 

 

半ば嫌々リデンシティⅠ

よく行くクリニックにて、何気なく目の下の網目状の小ジワが気になると伝えました。すると「え~!こんなのシワとは言わないですよ!いけるいける!」とカウンセラーさんに一蹴されてしました(笑)

 

 

 

「けどね!ほら、左側は全然ないでしょう?小ジワ。それに比べるとやっぱり右はあるのですよ!」と訴えると、「確かにそうですね。うん、そう言われれば気になるかもですね」と理解してもらえました。

 

 

 

先生からも「う~んこんな微細な小ジワだったら、リデンシティにしたらどうです?やったことある?」と聞かれたので、私のリデンシティに対するイメージを率直に伝えました。

 

 

 

「いや~水光で受けたことがあるんですけど、正直何も感じなかったんですよ。だからあんまり良い印象がなくて…」「まあね、水光注射だとわかりにくいかもですね。でも、手打ちでスポットで注入しておくと、結構ハリが出て満足する方多いですよ」と言われました。

 

 

心の中で「ウソだ!」と即座に叫びました(笑)だって、架橋しているヒアルも含むリデンシティⅡならまだしも、非架橋のリデンシティⅠは美容液を注射するようなもんだって、よく見かけるもん!全部吸収されるから、肌質改善には何度も打たなきゃいけなくて、1回だけじゃきっと効果は感じない!と思っていたんですね。

 

 

 

ですが、そこまで価格も高くありませんし、他に惹かれる選択肢がその時なかったということもあり、一度試してみることにしました。

 

 

目の下の小さく細かいシワには、リデンシティⅠというヒアルロン酸注射が有効であると先生にオススメされ、半信半疑でリンデンシティⅠを受けてみることにしました。

 

 

リデンシティⅠのおさらい

リデンシティⅠとは、アミノ酸・ミネラル・ビタミン・抗酸化成分など10種類以上の美容成分が配合された、非架橋のヒアルロン酸です。注射で肌にダイレクトに送り込むことにより、水分量や肌細胞の密度アップを図ります。

 

 

非架橋というのは、つまり“吸収されにくいよう加工していない”ということになります。

 

 

 

金額の大体の相場は、1ccで2万~3万程度でしょうか。

 

目の下に先生の手打ちにて注入

位置的にどうしても注射器が見えてしまうので、目の下の注射は結構こわいかもしれませんが、痛みとしてはそこまで強くありません。また、リデンシティⅠはやわらかいので、注入時の痛みも鼻筋やあごに固いヒアルを入れる時ほど痛くありません。

 

 

 

チラッとしか見てませんが、使用量は多分0.3ccくらいだったように思います。今回小ジワがある範囲は小さかったので、針を刺すのは1箇所だけ。そして注入も一度で、注入した後少しだけ抑えて馴染ませるようにしてくれました。

 

 

 

残ったヒアルを保存するかどうか聞かれましたが、また次回打ってもらうとしたら手技料がかかってしまうので、頬の毛穴が気になる部分数ヶ所に分けて打っておいてもらいました。

large_882394_1

http://weheartit.com/

リデンシティⅠを目の周りに打った後のダウンタイム

リデンシティⅠは注入後ヒアルの形が皮膚から透けてボコボコに見えてしまったりすることはないものの、少しトロッとした水分が皮下に一定時間留まることは確かです。

 

 

 

施術直後はヒアルのボリュームで少し目が腫れているような見た目となりました。ヒアルを注入した刺激で、すこ~しだけ赤みもあります。

 

 

 

翌日朝には腫れた見た目は8割がた解消し、ほとんど吸収されたように見えました。翌日夜には、引きで見ると注射前とまったく変わらない見た目です。

 

 

 

私は一ヶ所にしか注入していないので腫れというか、ボリュームダウンも早かったと思いますが、もっと量を追加したり、もっと広い範囲に打っていたらもう少し腫れた感じが出るかもしれませんね。

 

やるじゃんリデンシティⅠ!

引きで見た時は変わっていない感じがして、「オイオイもう吸収されちゃったのかよ~!根性なさすぎ!こんなんじゃ小ジワ消えてるわけないし!」と焦ったのですが、手鏡を見てビックリ!小ジワが見事に消えています!

 

 

 

「いやいや、喜ぶのはまだ早い!そもそも小ジワは笑った表情で出てくるのだから!」と興奮を抑えてにまっと一人で笑顔を作ると…やはりシワが出ない!

 

 

 

笑顔から無表情に戻すと、目の下がプリッとしてハリとうるおいが出た見た目になっていました。「リデンシティⅠってスポットで多めに打っておけば、こんなに変わるんスか~!?」と一人でテンション上がりまくりでした!(笑)

 

リデンシティⅠの持ち

「いやでもな。これがいつまで持つかはわかんねえ。だって今翌日なんだぜ!?きっと3日もすりゃあスッカリ元通りになっていやがるぜ、きっと!」と興奮を抑えつつ自分に言い聞かせます(笑)

 

 

 

そう、結局はリデンシティⅠは吸収される運命なのです。今はまだ吸収される途中で、たまたま良い感じに馴染んだだけかもしれません。この喜ばしい状態が、一週間と持たない可能性は大いにあるわけです。

 

 

 

 

と思いつつ、毎日手鏡を持ってニタッとするというチェックを繰り返したところ…なんと一ヶ月は小ジワがほぼ目立たない状態でした!

 

 

 

もちろん、翌日のハリやうるおい感がそのままキープされているわけではなく、徐々にしぼんだ感じは出てくるのですが、注射する前とは歴然の差があります。

large_447025_1

http://weheartit.com/

“美容液”以上の効果

これを読んでおられる方の中には「いやいや、ヒアルで一ヶ月しか持たないなんて、コスパ悪すぎ!」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。違うのです!

 

 

私も架橋のヒアルだと、一ヶ月なんて話にならん!という感じなのですが、リデンシティⅠは非架橋のヒアルであり、“注射する美容液”と呼ばれる類のものなのです。

 

 

 

私は“漠然とした肌質改善効果”くらいしか期待できないと思っていました。実際、水光注射を受けた時がそうでした。しかし今回は、小ジワという明らかなるターゲットに目に見える変化を与えてくれたのです!

 

そこが、衝撃的であり新発見であったのです。

 

リデンシティⅠが得意なターゲット

私が気にしていた小ジワはほんの直径1センチ未満の範囲だけでしたので、ヒアルもごく少量しか使いませんでした。残ったヒアルは、毛穴が気になる頬に打ってもらいました。

 

 

ネット上でリデンシティⅠの説明を読むと「毛穴に最適」など、毛穴にも効果があるような書き方をしているところもありますが、私の実感としては毛穴には効果というものは感じませんでした。もちろん、あくまでも私個人の乾燥ではありますが、毛穴ケアにわざわざリデンシティを持ってこなくても、他にあるよなあという感じです。

 

 

 

リデンシティⅠは、“うるおいをアップして何とかなる小ジワ”にこそ真価を発揮するのではないかと思っており、今後もリピすると思われます!また複数回受けた際の経過についても、お伝えできればと思います。