あなたはどれにする?シミ対策の美白成分勉強会!(1)

あなたはどれにする?シミ対策の美白成分勉強会!(1)

ホワイトニングの美容液やクリームは通年使用しています。

色白なのでシミが目立つ上、シミ自体の色が薄いのでレーザーに反応しづらく、ほとんど炭酸ガスレーザーで取っているという始末な私は、いかにシミを作らせないかにかかっているところがあります^^;

そんな私が色々な美白成分を試してみましたので、その手応え的なところをお伝えしていきたいと思います!

 

ハイドロキノン

hydroquinone-hifuka

http://weheartit.com/

美白と言えば、ハイドロキノンが有名になってきたのではないかと思います。市販の化粧品にはハイドロキノン配合というのはまだあまり多くありませんが、低めの濃度であればコスメに配合して良いことになっています。

結構強めの成分ということで、アレルギー症状を引き起こしてしまう場合もありますから、注意して使わなければらない…ということですが、私は刺激などを感じたことが一切なく、強いイメージがないというところが正直な感想です。ちなみに、濃度が5%を超えるとアレルギーを起こす確率が上がるということで、4%のクリームを使用しています。

ハイドロキノンの特徴は、“漂白作用を持つ”ということです。これからご紹介する美白成分には、“シミを作らせない”というあくまでも予防的な働きしかしないものも多くありますので、その点しっかりと区別して選ぶことが重要です。

そして、ハイドロキノン単体での使用はあまり良い結果を導かないことが多いです。処方薬となりますが、トレチノインと一緒に使用する方が圧倒的に効果が高くなります。

 

ビタミンC誘導体

strawberry

http://weheartit.com/

一昔前は美白と言えばまずはビタミンC!という感じでしたが、最近では美白というにはちょっと違うようなイメージになってきたように思います。主なターゲットは毛穴でしょうか?

しかしながら、ビタミンC誘導体入りのコスメは手に入りやすいので、美白入門編として利用するには良いと思います。

意外なのですが、ビタミンC誘導体よりも純粋なビタミンCの方が肌への影響力は高いそうです。誘導体の方が浸透しやすいのは間違いなさそうですが、確かに私も誘導体よりも純粋ビタミンCの方が効果を感じます。(センシルやオバジなどの美容液。)

まだまだ続きますよ~!