本当の美人になるための面長顔の整形デザイン(2)

本当の美人になるための面長顔の整形デザイン(2)

前回の記事⇒⇒本当の美人になるための面長顔の整形デザイン(1)

面長さんに人気の美容整形を施すと、どういうことになるか?ということについて、パーツごとに検証していきます!ドンドンいきますよ~!

リップヒアルロン酸は下唇を広げすぎない

リップヒアルも、女子は大好きですよね!とにかくぷっくりしたくちびるに可愛いリップやグロスを乗せたくて、痛いのをガマンして受けるのです。

面長さんは、リップに関しても注意が必要です。よくあるのが、下くちびるにボリュームを出しすぎという失敗です。縦のラインを強調してしまいます。

もちろん元のくちびるの形にもよりますが、「特に補正したいこだわりがなくボリュームアップさせられたら良い」という希望でしたら、くちびるの四隅に注入して横幅を出す方が総合的な美に寄与すると思います。

68525

あごは下方向に伸ばさず

これはもう説明不要かと思うのですが、あごを流行りのVラインに整えようとすると、どうしてもあごが下方向に長くなってしまいます。

あごを伸ばすことによる面長強調は、結構破壊力があると思います。あごの形だけにとらわれず、全体を見るようにしてくださいね!

そして、どうしてもあごにヒアルを入れたいならば、前方向に出すようにオーダーしてみましょう。(ただし、前方向に出したとしても多少は下にもボリュームが生じます。)

7452285

鼻中隔延長は老け顔になる恐れアリ

前から何度か書いていますが、鼻中隔延長で鼻先を下げるデザインを選ぶと、見た目年齢は上がる傾向にあります。

確かに鼻の穴は正面から見えにくくなり、鼻と口の距離は縮まったように見えるという女子の希望を叶えますが、横顔が魔女鼻になって美しさからは遠ざかる、というデメリットもあります。

鼻中隔延長をした場合の正面の変化を書いたイラストはあまり参考にはなりませんが、面長さんが鼻中隔延長で下方向に鼻先を伸ばすとどうなるかは、簡単に想像がつくと思います。

第3弾に続きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)