【美STの統計】美魔女な女医はどんな整形を受けているのか?(2)

【美STの統計】美魔女な女医はどんな整形を受けているのか?(2)

今回は前回の続きで、美しい女医さんがアンチエイジングのためにどんな整形を受けているのか?ということについて、詳しくお伝えしていきたいと思います!

1位 ボトックス(ボツリヌストキシン注射)

これはもうほぼ全員が自己注射しているのではないかな、という位の登場頻度です。部位はその方よって違いますが、額・眉間・目尻などの他、たるみ予防のために首筋に打ったり、首の横ジワを消すために首に打ったりしている女医さんも多いですね。

今あるシワを消すためでもありますが、将来できるシワの予防として受けているのかなと思います。

双子の女性で一人がボトックスを継続して何年も受け、もう一人はまったく受けないで肌の比較をすると、圧倒的に受けている人の方がシワが少なく、あっても浅いという結果が出ています。

ただし、最近では安価なリジェノックスなど動物性たんぱく質を含む製剤では抗体が出来てしまい効かなくなってしまう可能性があるので、抗体ができにくいゼミオンやイノトックスに切り替えていく方が良さそうですね!

photo-5

http://weheartit.com/

 

2位 たるみレーザー

サーマクール・タイタン・ハイフなどの高周波も受けている方が多いです。自分のクリニックで取り扱いのあるマシンを利用しているのだと思われます。

個人的には、たるみには糸で引っ張るタイプの施術が効果が高いと感じていますが、診察がありますので女医さんからしたらダウンタイムが気になり、「レーザーをマメに」という選択になるのかもしれませんね。

私たち一般人はサーマクールに10万くらい出して効果が無いとなるとある意味大騒ぎですが(笑)、女医さんは「3ヶ月後にまた受けるからとりあえず今日はこんなもんで~」という感じなのでしょうしね!うらやま!

看護師さんに照射してもらったり、自分で照射したりと色々なようですが、サーマクールを自分で照射というのはなかなかにガッツがいりますね(笑)

では次回、3位以降発表です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)