【ほうれい線対策】鼻翼基部を高くしたい!小鼻のヒアルロン酸注入レポ

【ほうれい線対策】鼻翼基部を高くしたい!小鼻のヒアルロン酸注入レポ

 

いつものことなのですが、初めてお会いするドクターには「私がもう少しキレイに近づくためには、何をしたら良いですか?」と聞くようにしています。

 

多くのドクターが「もう今のままで良いですよ」と整形中毒の私を止めようとしてくださるのですが(笑)、再度教えてくださいとお願いすると、その先生が直した方が良いと思うところを教えてくれます。(中には「自分がどうなりたいかだよ」と最後まで教えてくれないドクターもいます笑)

 

そんな中「あなたは鼻の横の部分が低すぎる」と指摘してくれた先生がいました。

 

小鼻のすぐ横のことを“鼻翼基部”と言いますが、そこが高いか低いかは骨格の違いですから、自分の頭蓋骨のその部分が凹んでいるだなんて思いつきもしません。

 

指摘してくださった先生にはすごく感謝しています。その先生に言われなかったら、多分私一生気づいてない気がします…。

 

鼻翼基部が低いと…

簡単にイメージできると思うのですが、ほうれい線が出やすくなります。鼻翼基部が低いとたるみを支えるボリュームがないため、重なるようにシワというか影が出来てしまうんですよね。

 

あと、よく言われるのが「貧相な顔」だと言われます。正直貧相な顔に見えるのかどうかはわかりませんが、そう言われるので韓国では鼻翼基部にプロテーゼを入れる手術を“貴族手術”と呼び、日本よりも受ける人が多いそうです。

 

large_648555_3

http://weheartit.com/

プロテにするか軟骨にするか…

鼻翼基部を高くするにはどうするかと考えた時、プチ整形がキライな私は(笑)、プロテーゼを入れるか、軟骨移植をするか2つの方法を検討しました。

 

プロテーゼには抵抗がないのでできればプロテでいけたらよかったのですが、どうもズレやすいみたいです。

 

軟骨移植はズレにくいらしいですが、採取する軟骨が結構量がいるみたいです。鼻先の整形の時に片耳を使ってしまっていて、耳の形が少し変わってしまったことはまあどうでも良いとして、また傷ができるのがなんだかイヤだなあ…と迷っていました。

 

さてどうしよう…。

手術系が好きだけど、プロテも軟骨も即決できないな~ということで…

 

ヒアルでいけるか?

ヒアルロン酸注入でどうか、と考えました。

 

最近では「ほうれい線を改善したくば溝に沿ってヒアルを入れよ!」という一辺倒な治療法だけでなく、顔全体をリフトアップしてほうれい線をなくそうね、など色々な方法が模索されています。

 

私もなんやかんやでほうれい線にヒアルを打つこともありますし、やっぱりお手頃で効果もそれなりに見えやすいということで人気はありますよね。

 

ほうれい線のヒアル注入でよく言われるのが、そう「小鼻横には注入できません」というルールです。

鼻翼基部を高くするとほうれい線が薄く見えることを知っているドクター、もしくはほうれい線というものは小鼻横ではなくもう少し上の小鼻のスタート地点から発生していると考える先生が、良かれと思って小鼻に辺りに注射したんでしょうね。

 

すると、注入したヒアルが血管を圧迫したり、血管内にヒアルを注入してしまうということが起こり、結果血流がストップして鼻が壊死するという事故につながりました。

そのため、小鼻横はヒアルを注入してはいけない、というリスク管理が確率しています。

 

images

http://weheartit.com/

湘南美容外科でNG

まあ断られるだろうな」と思いつつ、毎月のように通っている湘南美容外科で希望してみることにしました。

 

レーザー類の診察の際に先生に聞いてみるとやはり断られました。

「あ~ダメなんですよ鼻の横は」「で、ですよね…。カニューレとかでもアウトなんですよね?」「そうなんですよ~湘南厳しいんですよね」ということでした(泣)

 

やっぱり大手でお客さんも多いので、ドクター自身が出来ると思っても、やっちゃいけないのでしょうね。事故防止のため、当然の対応と言えます。

 

注入が得意な先生の元へ

ということで、個人でやっている注射が得意なドクターの元へ駆け込みました。

 

鼻翼基部を高くしたいんですけど、ヒアル打てますか?」と聞くと「うん、やるよ」とOKをいただきました!

 

まっとうな理由で湘南美容外科にて小鼻横のヒアルロン酸注入を断られた私は、注入がメインの美容皮膚科に場所を変え、処置を受けることにしました!

繊細な注入が得意な先生であれば、小鼻横にヒアル注入するのもアリみたいです!

 

使用ヒアル

今回は、しっかりと形を作るという意味で、固めの“ジュビダームビスタウルトラXC”を使うことにしました。

 

先生が「固いから、触ったら結構わかるけど大丈夫?」と気にしてくださいましたが、私の場合テオシアルグローバルアクションという固いヒアルがゴルゴラインなどにすでに入っていますし、顔を触られるとすれば美容外科でくらいなので余裕でOKです(笑)

 

カニューレで注入

血管内にヒアルを注入しないように、カニューレを使って注入してもらいます。まず普通の針でエントリーポイントを作り、カニューレを挿入していきます。

 

ゆっくり差し込んでくれる限りは、カニューレが進んでいく時に痛みは感じません

他でもカニューレを使って注入治療を受けたことは多々ありますが、こんなにゆっくり丁寧なのは初めてでした。小鼻横という部位なので、一応慎重にしてくださったのかもしれません。

 

middle_395612_0

http://weheartit.com/

ヒアル注入時の痛み

ヒアルが注入されるであろう位置を指で触って確認し注入スタートです。ピリピリするような痛みがありますが、「ちょっと痛いな」くらいです。

 

痛みの訪れ方としては、エントリーポイントを注射針で作る時チクッカニューレを差し込む時にはほぼ痛み無しヒアル注入時ピリピリとするような痛み、といった感じですね。

 

薬剤が入ってくるのも痛いですが、経験上血管を貫いた時の方が痛みが強いような気がします。「いった!!」と思った時には、必ず内出血するので多分血管を傷つけることによる痛みを感じているのだと思っています。

 

直後からほうれい線が薄く!

注入時は、横になって注入起きて鏡を見る、という感じで数回調整してもらいました。結果、直後からほうれい線が薄くなり「おお~!スゴイ!」と声を上げてしまいました。

 

かなり満足しましたが、先生の「まだ入る余裕あるよ」というお言葉で、目がギラついてしましました(笑)また少し減ったら追加してもらいに行くと思います

 

409150_2

http://weheartit.com/

 

鼻の施術の最適なクリニックこちらをお勧めしています。

 

新バナー:鼻の整形バナー