ニキビケアが進化!大人の毛穴にもニキビ用コスメが有効なワケ(前編)

ニキビケアが進化!大人の毛穴にもニキビ用コスメが有効なワケ(前編)

毛穴ケアの視点を変えてみる!

一番の悩みである毛穴を改善するケアに関しては、日々アンテナを張って情報収集しています。最近よく聞くのが、「毛穴は炎症によって広がって見えるようになっている」ということです。もちろん、毛穴が目立つ原因はいくつかあり、顔のたるみなども原因です。

しかし私の毛穴は、角栓が作られるのが異様に早いため「やっぱり炎症が原因っぽいな」と思えます。皮脂に含まれるオレイン酸や、物理的刺激による炎症かと思います。

セルフケア+クリニックケア

IMG_6982-700x525

http://bijinno-biyoujiten.com/post-1269/

今のところ、美容整形とコスメ両方合わせた中で最も毛穴の見た目の変化を感じるのが“センシル”というビタミンCの美容液です。クリニックで扱っています。

しかしやはり、センシルだけを使えば毛穴ケアがパーフェクトかと言えばそうでもなく…。センシルは毛穴を最強に引き締めてくれるのですが、当然ながら角栓がビッシリの状態では、締まるものも締まりません。

サリチル酸マクロゴールピーリングで肌の大掃除をしたり、フラクショナルCO2で肌の入れ替えをしたり、というクリニックのケアをするのとしないのとでは、肌の状態が確実に変わってきます。

そしてセルフケアもセンシルだけではなく、「新しくて良いものがあるかもしれないし、気になったものはドンドンチャレンジしていこう!」ということで気になるお試しセットを2種類使用してみました!

殺菌だけではないニキビケア

pic_beauty06

http://www.fancl.co.jp/1st_fancl/trial/beauty.html

今回試したのは、ファンケルFDRシリーズと、フジフィルムのルナメアACです。

両方ともニキビケアラインですが、大人ニキビがターゲットです。ファンケルはバリア機能の低下に着目し、漢植物エキスやプルーン酵素エキスを配合しています。ルナメアは、アクネシューター(グリチルレチン酸ステアリルとトコフェロール酢酸エステル)という成分が、皮脂で満たされている毛穴の中までしっかりと浸透してケアします。

ファンケルの方には、確かにニキビケアらしいイオウなどが含まれていますが、とにかく「アクネ菌を殺菌!」というところにとどまらず、うるおいやバリア機能をアップさせて肌本来の元気を取り戻させる、という観点を持っています。

では次回、詳しくレビューしたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)