劇的に肌が変わる!オバジニューダームを使ってみた!(2)

劇的に肌が変わる!オバジニューダームを使ってみた!(2)

前回の記事⇒⇒劇的に肌が変わる!オバジニューダームを使ってみた!(1)

今回は、オバジ・ニュダームの使用レポ第二弾です。結構長くなりますが、興味のある方はじっくり読んで、ドクターの説明をよく理解してから使用くださいね!

トレチノインの影響を知る

レチノールにしてもトレチノインにしても、肌の生まれ変わりを促す働きを持っています。新しい肌をドンドン作ってくれるため、肌が入れ替わって美しくなる、というわけです。シミや小じわの改善が期待できます。

しかし、レチノールやトレチノインを使うと、顔の赤みやヒリヒリした痛みを感じることもあります。これは、レチノールやトレチノインの濃度や、どれだけ肌に浸透したかで様子が変わります。しっかり効かせると顔全体が真っ赤になってヒリヒリ痛みますが、薄い濃度あるいはすぐに肌の上から除去すれば、そこまで赤みは出ませんし痛みもありません。

使用後数日経過し、赤みやヒリヒリが落ち着いたかと思うと、今度はカサカサと皮がめくれてきます。薄い皮が肌の上で毛羽立ち、乾燥したような見た目になります。しかしこれは、乾燥による皮むけではなく、新しい肌が生まれて古い肌を下から押し上げた結果、皮むけした、という表現が正しくなります。

赤み・ヒリヒリ・皮むけといった症状は、主にトレチノインの使用で現れることが多いですが、レチノールでも濃度によっては同じような反応が出る場合があります。

レチノール濃度の表記のないコスメではまず反応は出ないですが、オバジ360のような1.0%というレチノール濃度の高いものによっては、同じく影響がありますので注意が必要です。

ニュダームでのケアをざっくり表現するならば…

img_concept2_2

http://www.obagi.co.jp/about/concept2/

ニューダームという基礎化粧品は一体どんな内容なのか、複雑でややこしいから簡潔に言ってくれ!」と言われたとするならば、「トレチノイン+美白クリームで、肌を生まれ変わらせシミやシワを改善するもの」という感じかなと思います。

すみません、私は医者ではないので絶対正解かと言われればそうではないのですが、素人目線で本当にざっくりと表現するのであれば、そんな感じです。

では、第3弾に続きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)