劇的に肌が変わる!オバジニューダームを使ってみた!(1)

劇的に肌が変わる!オバジニューダームを使ってみた!(1)

オバジのクリニック専売コスメは、オバジ360を使用したことがあり、こちらでも以前にレポをお伝えしました。私は元々トレチノインを使っていたこともあってか、レチノールでは1.0%の濃度であっても赤みや皮むけなどのA反応はなく、「効果を感じないというわけではないけどちょっと物足りない」といった感じでリピするには至りませんでした。

そこで、ラインにトレチノインも含まれる、オバジ・ニューダームを、本腰を入れて使ってみましたので、詳しくレポしたいと思います!

きちんと理解してから使う

ちなみに、ニューダームは古いラインであり、現在日本のクリニックで購入できるのは“ゼオスキン”という新しいラインに変わっています。

2つの商品ラインナップを見比べてみると、確かに変化している部分もありますが、基本的な考え方とか使い方はニューダームの頃から変わりはないようです。

しかし、ニューダームにしてもゼオスキンにしても使用アイテム数が多く、それぞれに機能が違いますので、しっかりとドクターから説明を受け、理解した上で使用しなくてはなりません。

しかし、理解してうまく付き合っていくと「今まで使っていた基礎化粧品はなんだったの?」と思えるくらいに肌が変わります!

middle_751867_3

mico.allabout.co.jp

レチノールとトレチノイン

名前が似ているのでややこしいですが、この2つをごっちゃにしてしまうと、痛い目を見る可能性があります。

両方とも基本はビタミンAなのですが、レチノールは純粋レチノールとも言われ、いわばそのままのビタミンAですが、トレチノインは“ビタミンA誘導体”という形に変化している物質です。

“誘導体”と聞くと、ビタミンC誘導体が頭に浮かぶ方も多いのではないかと思います。ビタミンCに関しては、実は誘導体よりも普通のビタミンCの方が肌への影響力が強かったりします。私も、ビタミンC誘導体のコスメよりも、誘導体ではないビタミンCコスメ(例えば有名なセンシルなど)の方が、明らかに肌に変化をもたらすことを実感しています。

しかし、ビタミンA誘導体に限っては、甘く見ないでください。甘く見てなんとなく使うと、翌日会社を休むことになります!いや、言いすぎですね(笑)一日マスクをして過ごし、デートの予定はキャンセルせざるを得なくなる、というレベルですかね。

なんか脅しまくっていますが、第2弾に続きます!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)