みんな知ってる?クレビエルの解説と体験記

みんな知ってる?クレビエルの解説と体験記

今回は数あるヒアルロン酸の中でも、ここ最近になって知名度を上げてきた「クレビエル」をご紹介していきたいと思います。

知っておこう!クレビエルの種類

「クレビエル」には、世界最高濃度でとても硬いコントアと、コントアより濃度は低いが持ち上げる力が強く、それでいてなじみやすいのが特徴のプライムの2種類があります。

e2947748-f60d-441e-84b4-cc19fbad2dfd

http://weheartit.com/

それぞれの特徴と使い分け

『クレビエル・コントア』

コントアはとにかく硬さがあることから鼻や顎に使うことがおすすめで、輪郭形成には、どの製剤よりもクレビエルコントアがベストなようです。

世界最高濃度で非常に硬く、骨やプロテーゼなど、あたかも固体がそこにあるかのように存在します。

注入できるプロテーゼと言っても過言ではありません。

ただし、非常に硬くて広がらない特性を持っていることから、注入した部分でのみ形を造るので、形をたたせたい鼻やアゴには非常に向いていますが、ある程度面で入れたい、そしてなじみも必要な額などには硬すぎて不向きと言えます。

コントアは自然に吸収され、もしくは不必要な場合はヒアルロン酸溶解剤で容易に溶解することが可能です。

『クレビエル・プライム』

クレビエルプライムはコントアと比べてしまうと濃度が低いように感じられるのですが、通常一般的に使用するヒアルロン酸注入剤と比べると、約1.5倍の高濃度となります。

高密度、高濃度であるため、モチが良い所も特徴のひとつです。

また、粒子のサイズが小さいのででこぼこになりにくいです。

そして粘性も高いため、少量でのボリュームアップが可能です。

上記のことから、額やこめかみにはプライムがおすすめです。

少量でも持ち上げる力があり、粒子が小さいので非常に繊細に注入する事が可能で、仕上がりが美しいです。

あるクリニックではプライムを涙袋に使用していたりと、決して硬いという表現は当たらないのです。

クレビエル・プライム体験してきました!

ab3a35da-0b61-4d2c-8a38-1acd78f06b28

http://weheartit.com/

額にボリュームの欲しかった筆者は、さっそく興味津々のクレビエル・プライムをおでこへ打つことに。

注入時の痛みは、局部麻酔をしているため全く感じません。

予算の都合もありましたが、プライムがどれだけ少量で持ち上げる力に長けているのかが知りたくて、1ccの注入でお願いすることにしました。

(本当は韓国女優さんのような丸いおでこに憧れましたが、あれほどのボリュームは4ccは必要だろうと言われ断念しました)

そのため、比較的センター寄りに集中して注入しました。

注入後にドクターと鏡を見て仕上がりを確認するのですが、クレビエルプライム、十分すぎるほどの出来栄えでひと目見て感動しました。

ボリュームが普通のヒアルロン酸とは比較になりません。そして思いのほか硬いんです。この硬さについては、ドクターも満足そうに「どお?自分の元からのおでこのようでしょ?」とドヤ顔でした()

以前まで普通のヒアルロン酸を入れていましたが、ぐーっと押さえるとその部分が指の形にへこむような感覚があり、なんとなくぷにぷにしていてここにヒアルロン酸入ってるなあ〜といわんばかりの額をしていましたが、プライムは弾性も高く、押す力に反発し、変形しないので、その感覚は全くありません。

クレビエルプライムを注入してみて、一番感じたのは、まるで本当に骨が出っ張ったかのような硬さになり、ツルっとして光るような硬そうな感じになりました。

これはほかのヒアルロン酸にはありません。

繊細で馴染みやすく、なのに硬い、まさにおでこに最適な注入剤なのですね。

クレビエルのコストパフォーマンス

クレビエルは通常のヒアルロン酸の硬いと言われ持ちの長さを長所として挙げているものに、さらにプラスアルファの値段がかかるので、決して安いとは言えませんが、施術をして半年経過した現在でも、全くボリュームダウンした感覚がありません。

いつも通り、普通のヒアルロン酸なら3か月目ぐらいから徐々にボリュームダウンを感じ、半年たった頃には物足りなさが出てくるので、現時点でもかなり満足度の高い持ちであることは明確で、コストパフォーマンスは高いと言えます。

まとめ

注入系の施術は、それぞれの特徴を知るとともに、特に部位ごとに入れる物を使い分けてやることにより、いつもよりもさらに満足度の高い結果を得られると感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)