美容外科のカウンセリングで芸能人の写真を出すのはNGなのか?(前編)

美容外科のカウンセリングで芸能人の写真を出すのはNGなのか?(前編)

人が美容整形をしたいと思う時には、2種類あると思ってます。

鏡を見てか、誰かに指摘されたかで“イヤなところを変えるため”に整形を考える場合と、「あの子すごくカワイイな…自分もああなりたいな」と理想の顔と自分の顔を比べて“理想に近づくため”に整形をしようと思う時です。理想に近づきたいと思う時には、具体的なイメージがある場合が多いです。例えば、「アイドルのだれだれになりたい」などですね。

ネットで調べて美容外科を決め、緊張しながらカウンセリングに行きますが、その時「どういう風になりたいか、参考になる画像、ダウンロードしておいた方がいいよね?」と、誰しも一度は考えると思います。そして、スマホに保存しておいた画像をカウンセリングの時に見せます。「先生、私の理想の顔はこれです。こうなりたいんですけど…」

すると医者の顔色はみるみる変わり、明らかに機嫌が悪くなったように見えます。そして冷たく「あなたねえ、そんな風にはなれるわけがないよ」と、一蹴されます。

そんなドクターの元では整形しない

large_964242_1

http://weheartit.com/

そこまで冷たい言葉ではなかったとしても、「とにかくできない」というような発言を一度でもするようであれば、そのクリニックにいるのは時間のムダです。今や美容外科はたくさんあります。そこにこだわる必要はまったくもって無いのです。

「わかりました、帰ります」と言ってすぐに帰ってください。遠慮はいりません。それがお互いのためなのです。医者と患者の関係を続けても、トラブルの元になるだけです。

整形は万能ではない

sp_329486_1

http://weheartit.com/

整形歴が長くなってくると、“整形はすぐ近くに壁がある”ことがわかってきます。もちろん、そんなことはみんなわかっているハズなのですが、どこか「整形はスゴイものだから、コレくらいはできるでしょ?」という錯覚が拭いきれない人もいるようです。

整形はすぐ近くに壁があるというのは、“自分が思い描くような理想の仕上がりになるのは、案外難しく限界がある”ということです。

つまり、私のような腫れぼったい弥生顔の人間がデカ目を作るには限界があり、決してローラさんのような縦にも横にも広いデカ目になるのは物理的にムリ、ということなんです。所詮は、与えられたものの中で改変していくしかない、ということです。ここを理解していない人が、確かにいます。

なので、「この顔にしてください!整形だからなんとかなるでしょ!」という態度でカウンセリングを受ければ、当然医者は警戒します。「この子、何でもできると思っているな。きっと、最大限の仕上がりにしても、クレームを言ってきそうだ!」となるわけです。

後編に続きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)