ヒアルを注入するだけ!ヒアルロン酸を使ったリフトアップまとめ

ヒアルを注入するだけ!ヒアルロン酸を使ったリフトアップまとめ

ヒアルロン酸製剤が進化すると共に、その利用方法も進化してきています。以前は「ほうれい線を埋める」「目の下のクマを目立たなくする」と言ったように、気になるところに直接ヒアルを注入する方法が主流でしたが、「もっと全体を見て改善を」といった考え方で使われるようになってきています。

そこで今回は、ヒアルロン酸によるリフトアップ術や、若返り方法をまとめてみたいと思います!これ以外にも効果的な使い方はあると思いますが、とりあえず有名なものをご紹介しますね!

cat-mi1-1024x732

出典 http://azaminohills-skin.com/wp/

ビスタ・シェイプ

アラガン社のヒアルロン酸と、ボトックスを使った顔全体の若返り施術です。眉間にボトックスを注射してシワをなくし、頬の高い部分やほうれい線・口元などにヒアルロン酸を注入します。ポイントは、“ほうれい線自体にもヒアルは注入するけど、それ以上に頬を高く持ち上げることで顔全体をリフトアップさせ、ほうれい線を浅くする”というところですね。

ほうれい線にヒアルは、続けていくと自分の感覚がマヒして「ほうれい線を完全に消したいから、もっと入れたい!」となりがちです。正面から見たら確かに線は消えているけど、口元がもっさりしている…なんてことにもなりかねません。やはり、ほうれい線だけでなくほうれい線の原因となる“顔のたるみ”にもアプローチしていく必要がありそうですね。

liftup-1024x612

出典 http://azaminohills-skin.com/wp/

ビスタ・アイ

ビスタ・シェイプの目元に特化したバージョンです。特に目元のエイジングが気になる方にオススメです。ボトックスは、眉間に加え目尻にも注射します。ヒアルは、頬の高い部分のほか、眉付近やこめかみに打ちます。年齢を重ねると、骨もボリュームダウンします。こめかみも凹みやすく、こめかみの凹みは年齢を感じさせてしまいます。それから、こめかみや眉の上などにヒアルを注射してボリュームをアップさせてやると、目が開きやすいというメリットがあります!

ビスタ・シェイプやビスタ・アイは、規定の講習セミナーを受講したドクターが在籍するクリニックのみで受けられます。

どちらも特にダウンタイムを要さず、ナチュラルな仕上がりです。

「最近お疲れ顔が気になるな…でも休み数日しかないけど何かできるかな?」という方は、近くのクリニックをチェックしてみてくださいね!

後編では、アラガン社提案以外の施術をご紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)