ボトックス・ボツリヌストキシンは色んなドクターにやってもらおう!

ボトックス・ボツリヌストキシンは色んなドクターにやってもらおう!

私は主に、品川スキンクリニック、もしくは湘南美容外科にてボツリヌストキシンを受けています。間隔は、“3ヶ月に1回”を厳守です。間隔をあけずに連発すると、抗体ができてしまいボツリヌストキシンが効かないようになってしまうので、要注意です。

どちらのクリニックでも、ドクターを指名することができます。が、ボツリヌストキシンを受ける時は、特にドクターを指名していませんでした。

手術であれば、整形成功のファクターとしてドクター選びも重要ですが、「形を作るようなヒアルでもないし、注射するだけだからまあいっか」くらいの認識でした。(もちろん、ボツリヌストキシンも表情がなくなるなどの失敗が考えられますが、数ヶ月という短期間で改善するので、私はあまり“失敗”だと捉えません。)

そうして、色々なドクターに施術してもらううちに、「ボツリヌストキシンは、ドクターの考え方や好みで打ち方や使用量がまったく違う」ということに気が付きました。いわばそんなことは当然のことなのですが、経験してさらに具体的に、ドクターによる結果の差を感じました。

185acdbd-6036-4868-974e-1f73f1f696c4

出典 https://nicoly.jp/article/1919

ドクター別に、特徴を並べてみます。

●Iドクター:ボツリヌストキシンの効果が出過ぎることに敏感。「あごにバッチリ効かせて欲しい」と伝えても弱めにしか打たない。(大手クリニックではない歯科にて)

●Hドクター:筋肉の盛り上がりを見て、そこにピンポイントで打つ。

●Sドクター:力を入れさせたまま打つので、筋肉にしっかり注射できるのかもしれないが、痛い。

●Mドクター:効果が出過ぎて目が開きづらい、などを心配して控えめにしてくれる。微調整が得意なので、伝えればしっかりと調整してくれる。

●Wドクター:患者に細かく聞き取りをして、各部位で細かに量を変える。患者が「効きが悪かった」と言えば、その通りに量を増やしてくれる。

●Uドクター:筋肉の盛り上がりをしっかりと消してくれる。自分では気づいていなかった部分についても「ついでにここの盛り上がりも目立たないようにしておきますね」と全体的に見てくれる。

こんな感じで、同じ部位に注射してもらうにしても、量も打ち方も全然違うのです。

私は結局、“しっかりと効かせたい”派だなとわかったので、Uドクターのところに通うようになりました。たまに、「眉間にシワよらない~」と思いますが、私としては満足です♪

私のように、まずは色々なドクターに施術をしてもらい、好みのドクターを見つけるのも良いかもしれません。

a0e4eb41-e173-433f-a99b-2a081ad6ac62

出典 https://nicoly.jp/article/1919

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)