毛穴を限りなく小さくするホームケア&クリニックケア(ラスト)

毛穴を限りなく小さくするホームケア&クリニックケア(ラスト)

前回の記事はこちら⇒⇒前回は10倍鏡を見ながら角栓を押し出すところまででした。

次は、角栓を取り除いた後の引き締めケアをしていきます!

ステップ2 センシル塗布

プッシャーをスライドさせることなく、毛穴一つずつ優しくプッシュして角栓を取り除いたら、次はセンシルを使用します。

ピュアビタミン(ビタミンC誘導体ではない)は、少し刺激を感じることが多いです。ピリピリする場合もありますが、そこまでひどくない場合は1~2分経てば落ち着きます。

使用量は2~3滴で、鼻や頬の毛穴が気になる箇所に伸ばします。

センシルがあるのとないのとでは、翌朝の毛穴の状態に大きな差が出ます!「角栓を取りたければセンシルを!」と声を大にして言いたいです(笑)

ステップ3 ナビジョンGGエッセンス塗布

センシルの次は、ナビジョンGGエッセンスを同じ範囲に重ねます。

毛穴ケアとして有効な“グリシルグリシン”入りのセラムです。毛穴が気になる方は、長い目で使っていきましょう。

q75

出典 https://veramagazine.jp/article/pore-cosmetics

ステップ4 保湿

クリームなどを顔全体に塗って保湿します。

手持ちのものを使用して大丈夫ですが、オススメはEGF(成長因子の一つ)が含まれたクリームや美容液です。EGFは、肌の再生を促してくれますので、もしダメージがあっても少しは安心です。

この時、馬油・オリーブオイル・椿油・マカダミアナッツオイルの使用は禁止です。これらのオイルは“オレイン酸”というものが多く含まれ、毛穴に炎症を起こして肌を荒らすということが、資生堂の研究により明らかになっています。毛穴を気にする方は、避ける方がベターです。

ステップ5 サンホワイトでカバー

純度が高く、質の良いワセリンとして有名です。

角栓がなくなった部分にチョンチョンと載せます。

使う理由としては、保湿狙いではなく、毛穴を埋める役割をしてくれるのではないかと思ったからです。

角栓を取ると毛穴に空間が出来てしまい、炎症を起こします。そうすると、プッシャーで押しすぎて肌が傷ついた時と同じく肌の防衛機能が働き、肌のターンオーバーが異様に早まる&皮脂が過剰に分泌され、ものの一晩で角栓が再び作られてしまいます。

そうならないために、空間を埋めることができないかと思い、使うようにしています。素人考えですし、ワセリンが影響しているかどうかは謎ですが、今のところ炎症は起きずに“肌触りつるつる&見た目なめらか”な状態をキープしています。

bed-good-night-light-lights-night-sleep-favim-com-109361

出典 http://clipers.net/item42272

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)