【ベビースキン】臍帯血幹細胞培養上清液を受けてみた!【HSCM100】

【ベビースキン】臍帯血幹細胞培養上清液を受けてみた!【HSCM100】

臍帯血幹細胞培養上清液とは、簡単に言えば臍帯血幹細胞を培養してそこから抽出したエキスのことで、成長因子がたっぷり含まれているので美肌作りに効果を発揮します。

ヒト由来なので抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、私は動物由来の方がイメージがよくありません。プラセンタでもそうですが、ヒトの場合は命を奪いませんが動物の場合はそうではありませんからね…。

他院に比べてとんでもなく安い設定にしてくれている湘南美容外科にて受けてきました!

フラクショナルCO2レーザーの後に塗布

湘南美容外科の臍帯血幹細胞培養上清液(メニュー名は“ベビースキン”)の価格は破格です。他のクリニックでは使用量が明記されていない場合も多いですが、1.5ccで15万円以上、なんてところもあります。

湘南美容外科では、0.1ccで29,800円!という、比べ物にならないリーズナブルな設定です。まあでも諭吉さんが3枚サヨナラするわけで、一般庶民としてはツライです。

「一滴たりとも逃すものか!」と、その効果を存分に取り入れるために水光注射なりのメソセラピーで受けようと思ったのですが、ベビースキンはオプション扱いであり、別途水光注射代がかかるので、なかなかコース消化が進まないフラクショナルCO2レーザーの後に塗ってもらうことにしました(笑)

フラクショナルCO2レーザーで開けたドットは、数秒で閉じてしまうそうです。なので、「照射しながら塗るくらいのペースでないと、開けた穴に浸透させるのは難しいのでは?

と少々疑問を持ちながら施術を受けました^^;もしそういうことが心配な方は、やっぱり水光注射やダーマペンで受けられる方が良いと思います。

フラクショナルを受けたその夜に洗顔せずに寝なければならないのがキライで、洗顔できない(してもいいけどもったいない)成長因子美容液付きのプレミアムコースは受けない主義なのですが、今回ばかりは洗顔しないで眠りました(笑)

gahag-0049067058-1

ダウンタイムがいつもより短い!

翌朝ウキウキして鏡を見ますと、フラクショナルの影響で表面はなめらかではありませんし、手触りもザラつきます。

ただ、スタンダードの時と違うなと思ったのは、ダウンタイムが短かったことです。

いつもは一番弱いパワーで照射してもらうのですが、成長因子美容液やベビースキンを付ける場合は回復が早くなるためパワーを上げても良いとのことで、1つだけレベルを上げてもらいました。

当日の顔の赤みや痛みは、やっぱりいつもより強かったです。以前1回だけ1つレベルを上げて照射したことがあるんですが、その時は3日くらい赤みが取れませんでした。スタンダードの場合は翌日には赤みが消えるので、結構な差があります。

それなのに今回のベビースキンオプション付きは、翌日にはほぼ赤みが消えていて驚きました!

109839_original

一度で肌が激変するわけではない

いつものことながら、美容皮膚科治療は一度で劇的に変化するわけではありません。ベビースキンも例にもれず、数回繰り返して受けて評価しなければなりません。

私は予算的に厳しくベビースキンについては連続で受けられそうにありませんが、例えば日焼けとかすごく乾燥する環境に長時間いたとかで「肌がダメージを受けたかな?」と思った時に利用しようと思いました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)