【受けてみた】ルビーレーザーと炭酸ガスレーザーの違い【シミ取り】(ラスト)

【受けてみた】ルビーレーザーと炭酸ガスレーザーの違い【シミ取り】(ラスト)

前回の記事⇒⇒【受けてみた】ルビーレーザーと炭酸ガスレーザーの違い【シミ取り】(2)

炭酸ガスレーザーは麻酔が痛い

ルビーレーザーは表面にバチッとやるだけですが、炭酸ガスレーザーはジリジリ…とまさしく削る感じですので、処置前には麻酔の注射を打ちます。

麻酔の注射が地味に痛いだけで、その後の炭酸ガスレーザーはまったく痛くはないのですが、麻酔が痛いので全体としては炭酸ガスレーザーの方が痛いという印象です。

炭酸ガスレーザーはドクターが目で見て削っていきます。シミの場合はホクロよりも傷が浅くて済みます。ホクロ除去の時は、翌日にはポコンと丸く皮膚がクレーター状になっていましたが、今回はシミなのでそこまで凹みはありませんでした。

3214391

出典 http://topicks.jp/

テープ保護は同じ10日間

ルビーレーザーであっても炭酸ガスレーザーであっても、処置後すぐにテープを貼られ、そのまま10日間は貼ったままにします。生活しているとテープがはがれてきますので、予備のテープを渡されます。

品川スキンクリニックでは殺菌用の塗り薬とテープは無料ですが、湘南美容外科及びMAMEでは500円弱別途取られます。

私としては早々にテープをはがして、昼はレーザー後に使える液体コンシーラー“ナビジョン スポッツカバー”、夜はグロースファクター入りのジェル+ワセリンで湿潤療法をするので、テープいらないんですけど~!という感じです。(※勝手な自己判断ですので、みなさまは出来るだけテープ保護で頑張ってくださいね!)

半年くらいでキレイに!

ルビーレーザーの場合は、処置後少し色が濃くなって、その後色が黒い部分の面積が少なくなっていくような感じで徐々に色が無くなっていきます。

炭酸ガスレーザーの方は、赤く凹んだ傷が盛り上がって平坦になり、その後茶色くなって徐々に色が薄くなっていきます。ダウンタイムとしては、炭酸ガスレーザーの方が長いです。

いずれにしても、調子の良いところは3ヶ月くらいでだいぶ薄くなり、こすってしまったりと調子が良くないところでも半年くらいでほとんど他の部分の肌と変わらないようになります。

顔のシミは肝斑以外ほとんど無くすことができましたが、また出来たら小さいうちにレーザーで処理してしまいたいと思います♪

httpsnicoly-jparticle3978

出典 http://www.shimitokyo.com/treatment/ruby