【受けてみた】ルビーレーザーと炭酸ガスレーザーの違い【シミ取り】

【受けてみた】ルビーレーザーと炭酸ガスレーザーの違い【シミ取り】

私はかなり色が白いと言われるのですが、色白だと毛穴やシミが目立ちます。

 

その割にシミ自体の色が薄いので、フォト系だとなかなか反応してくれません。フォト系はメーカー別に分けないとすると通算で50回以上は受けているハズですが、一度も「照射後シミが一旦濃くなってポロッと取れる」ということを経験したことがありません…トホホ(悲)

 

頬の高い部分の気になるシミは、以前ヤグレーザーで除去済みですが、まだまだ小さなシミは顔中にあります。

そのシミは40歳になってから一掃しようという計画でしたが、肝斑の治療が思いのほか長引くので、「肝斑の治療は腰を据えて長くやろう。その代わり、サッと取れるシミは先にやってしまおう」と計画を変更したのでした。

 

fe2358a8-6e05-4ea4-96f5-b36383d8b846

ルビーレーザーで除去

湘南美容外科グループのMAMEにて、ルビーレーザーで処理してもらうことにしました。

 

面倒なので見積もりはいいです!」ということで、処置室で先生に気になるシミを指さして示し、照射してもらいました。

 

初回は合計4つに照射してもらいました。お会計は後からなので、「めっちゃ高かったらどうしよう…」と少しびびっていましたが、“2mm以下”が2個、“4mm以下”が2個で、テープ代含め12,000円くらいでした!安い!私はもちろんプラチナ会員ですので、その割引もありますが(笑)

 

照射は“バチッ”という感じで、フォトなんかよりも衝撃は強いです。ただ、表面に照射しているだけなのでそこまで痛みは強くなく、案外あっけないです。

もちろんシミの大きさとかパワーによっても違いますが、4ミリくらいのシミなら麻酔なしでも全然余裕です!

 

照射後すぐに保護テープを貼ってもらい、そのまま10日間はがしてはいけません。(私は2日後からナビジョンのスポッツカバーに変えましたが!)

 

仕上がりは本人の努力にもよるらしい

 

先生に「美白の内服何か飲んでます?」と聞かれ、その時はビタミンCくらいだったので首を横に振ると、こんな説明をされました。

 

レーザー処置後、シミがキレイになくなるかどうかは、ご本人さんの努力によるんです。場合によっては色素沈着してしまい、元の状態よりも汚くなってしまうこともあります。テープ保護以外に、日焼けに気を付けることと、美白の内服を飲むのと美白のクリームを使う方が良いです」と言われました。

 

そこで、内服の処方をしてもらいました。“美白セット”というもので、内容はトラネキサム酸 250m・ ハイチオール錠(L-システイン)・シナール(ビタミンC)の3種類です。お値段は4,320円なり。朝晩2回の一か月分です。

 

美白クリームはトラネキサム酸配合のものを持っていたので、その時には購入しませんでした。テープ保護が終わってから、シミの部分にちょんちょんと乗せて使ってください、とのことでした。

 

la201203042200

 

 

肝斑ではない、レーザーが当てられるシミを先に無くしてしまおう!」ということで、まずは4つのシミにルビーレーザーでアタックしました。

 

次は、炭酸ガスレーザー(Co2レーザー)でシミを除去したレポをお送りします!

 

薄いシミはルビーレーザー不可?

私がかなり色白なのでシミが目立つがシミの色が薄く、フォトではあまり効果を感じられないという前置きをさせていただきました。

それがまさか、ルビーレーザーにも影響があるとは…。

 

湘南美容外科グループのMAMEにてルビーレーザーを受けたレポをお伝えしましたが、実は先生に「これとこれとこのシミを…」と取りたいシミを指さしていた時、「あ、それはちょっとムリかも?」と却下されたものがいくつかありました。

 

先生曰く、やはり色が薄すぎるとのこと。「パワーを上げればたぶん大丈夫だけど、やってみないとわからないですね」と言われてしまい、「もし照射してもまったく変化なかったらもったいないな…」という気持ちがあったので「じゃあそれはいいです」と避けているうちに、4つしか照射できないという結果に終わりました。

 

どうせならいっぱい照射したいのに!」という感じではありましたが、先生は事実をハッキリ言ってくれて良心的だと思います。だってルビーレーザーもやっぱり“黒いものに反応する”という性質ですから、色が薄くて反応しないものは仕方ないと言うしかありません。

 

treatment02

出典 http://www.mikina.jp/menu_laserfacial.html

薄いシミも諦めないぜ!

 

そうは言っても、やっぱり出来る限りシミを消したい。「どのシミを消そうかな?」と鏡をじっくり見てターゲットを決めていたのですから、それがこのまま居続けるのは許せん!ということで、以前小さなホクロを取ってもらったことがある品川スキンクリニックに行ってみました!

 

先生に相談すると「確かにシミが薄いですね。ルビーレーザーだと結構出力を上げないとダメでしょうね。このシミもホクロと同じように炭酸ガスレーザーで削り取ることができますが、ルビーレーザーよりも傷が深めですし、色素沈着してしまうリスクもありますが…どうします?」と言うことでした。

 

確かに色素沈着はイヤですし、元のシミよりも色が濃い状態の皮膚になってしまえばお金のムダでしかありませんが、「やります!」と即答していました(笑)

 

00bddf34-ee6a-4d34-820f-b631d1d215cf

出典 http://mion.me/articles/Jidexp60

 

炭酸ガスレーザーは麻酔が痛い

 

ルビーレーザーは表面にバチッとやるだけですが、炭酸ガスレーザーはジリジリ…とまさしく削る感じですので、処置前には麻酔の注射を打ちます。

 

麻酔の注射が地味に痛いだけで、その後の炭酸ガスレーザーはまったく痛くはないのですが、麻酔が痛いので全体としては炭酸ガスレーザーの方が痛いという印象です。

 

炭酸ガスレーザーはドクターが目で見て削っていきます。

シミの場合はホクロよりも傷が浅くて済みますホクロ除去の時は、翌日にはポコンと丸く皮膚がクレーター状になっていましたが、今回はシミなのでそこまで凹みはありませんでした。

 

3214391

出典 http://topicks.jp/

テープ保護は同じ10日間

ルビーレーザーであっても炭酸ガスレーザーであっても、処置後すぐにテープを貼られ、そのまま10日間は貼ったままにします。生活しているとテープがはがれてきますので、予備のテープを渡されます。

 

品川スキンクリニックでは殺菌用の塗り薬とテープは無料ですが、湘南美容外科及びMAMEでは500円弱別途取られます。

 

私としては早々にテープをはがして、昼はレーザー後に使える液体コンシーラー“ナビジョン スポッツカバー”、夜はグロースファクター入りのジェル+ワセリンで湿潤療法をするので、テープいらないんですけど~!という感じです。(※勝手な自己判断ですので、みなさまは出来るだけテープ保護で頑張ってくださいね!)

 

半年くらいでキレイに!

ルビーレーザーの場合は、処置後少し色が濃くなって、その後色が黒い部分の面積が少なくなっていくような感じで徐々に色が無くなっていきます。

 

炭酸ガスレーザーの方は、赤く凹んだ傷が盛り上がって平坦になり、その後茶色くなって徐々に色が薄くなっていきます。ダウンタイムとしては、炭酸ガスレーザーの方が長いです。

 

いずれにしても、調子の良いところは3ヶ月くらいでだいぶ薄くなり、こすってしまったりと調子が良くないところでも半年くらいでほとんど他の部分の肌と変わらないようになります。

 

顔のシミは肝斑以外ほとんど無くすことができましたが、また出来たら小さいうちにレーザーで処理してしまいたいと思います♪

 

httpsnicoly-jparticle3978

出典 http://www.shimitokyo.com/treatment/ruby