美容外科勤務ナースおすすめのケミカルピーリング+フォトを受けた結果(前編)

美容外科勤務ナースおすすめのケミカルピーリング+フォトを受けた結果(前編)

毎月レーザーを受ける時に「最近看護師さんが受けた施術で、よかったな~と思ったものありますか?」とインタビューする私ですが、そんな時に高確率で返ってくる答えが「ケミカルピーリングとフォトですねえ」です。

他にも、エレクトロポレーション・ルートロトーニング・ハイフ(ダブロなど)という答えもありますが、最も多い答えがこのセットなのです。

もちろん「利益率が高い」などの、営業的な側面で答えていただいているかもしれません。

が、痛みがほぼなく、低侵襲でダウンタイムなく、気軽に受けられるというメリットの高い治療です。また、フォトなどの光治療の前にケミカルピーリングで余分な角質を除去した方が、レーザーの効果も上がるという理屈も、スッと入りやすいです。

9e1d92c1-993b-4453-bcc8-87918ea51311

出典 https://nicoly.jp/article/3906

デメリットとしては、効果がマイルドなので複数回受けなければ効果が見えない、という点でしょうか。

SBCでコースを組みました!

フォトの格安セールが出ていたタイミングで、ケミカルピーリングと共にコースを契約しました。

ケミカルピーリングは、“サリチル酸マクロゴールピーリング”です。湘南美容外科取扱いのフォトは、ギャラクシーフォトRFアドバンスになります。

まずはサリチル酸マクロゴールピーリング

サリチル酸マクロゴールピーリングとは、サリチル酸をマクロゴールという基材に溶かしたピーリングです。

元々サリチル酸を利用したピーリングがあったのですが、結構激しいもので扱いづらいものでした。ところが、マクロゴールに溶解すると、副作用が少なく安全性の高いピーリング剤として使えることが発見されました。その上、他のピーリングよりも深く角質を溶かすことが出来るということで、私は「受けるならサリチル酸マクロゴール」と思っています。

large

SBCの施術は、ベタッと重めのピーリング剤を塗って、そのまま放置かと思いきや、丁寧にマッサージをしてくれます。

素人考えではありますが、患者満足度を上げるためと、より毛穴の中の皮脂と馴染ませるためかな?と思いました。

肌にピーリング剤を置いている時間は、「短いな」と感じたので多分5分です。クロスのようなものでしっかり拭き取って終了です。終わった後も、若干ピリピリ感が残ります。

後編に続きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)