美白だけじゃない!肌をリニュしてシワやたるみをなくすトレチノイン療法(ラスト)

美白だけじゃない!肌をリニュしてシワやたるみをなくすトレチノイン療法(ラスト)

⇒⇒前回の記事『美白だけじゃない!肌をリニュしてシワやたるみをなくすトレチノイン療法(4)』

無謀にも全顔にトレチノインを塗った結果やいかに…?

危険がいっぱいのトレチノイン療法時の注意もお伝えします。

ビタミンC誘導体化粧水を使用する

トレチノインを塗る前に、ビタミンC誘導体の化粧水を付けると、トレチノインによる炎症を緩和するという効果があります。

まあ、私のやり方ではトレチノインを少しの時間で洗い流すのでちょっともったいない気もしないではないですね(笑)0.025%もしくは0.05%で洗い流さずにつけたまま次のハイドロキノンを重ねるやり方にするならば、取り入れてみても良いのではないでしょうか。

large-4

酸化したものを使わない

そもそも残ったトレチノインとハイドロキノンをシミ治療以外にも使えないかと思った今回の試みでしたが、トレチノインもハイドロキノンも酸化しやすい性質を持っていますので、残っていたとしても変質していれば使用してはなりません。

簡単なチェック方法は、“色”です。両方とも参加すると色が変化するので一発でわかります。

トレチノインは緑、ハイドロキノンは茶色になります。この状態であれば、すぐに破棄してくださいね。

トレチノインもハイドロキノンも、冷蔵庫で保管した方が良いとの情報もありますが、処方医に確認する方が良いと思います。

レーザーを併用しない

トレチノインは、“肌の生まれ変わりを早める”と何度もご説明しました。肌の生まれ変わりを促すのは良いこともありますが、あまりに過剰にやりすぎると弱い肌が出来上がり、悪影響を受けやすくなってしまいます。

フォトを始めとするレーザー類も、ターンオーバーを促す作用があるものが多いです。レーザーを受ける予定がある方は、やめておくようにしましょう。

私も、「レーザー受けに行くの寒すぎてムリ!」という真冬に試しましたので(笑)

ケミカルピーリングと同じような感じ

皮向けが終わったらお肌がつるんとして手触りが良くなりました。かと言って劇的に何か変わったというわけでもなく、ケミカルピーリングを受けたようなくらいかな?と思います。

まだ全顔トレチノインは3回程しかやっていませんし、シワとかたるみとかに効いたという実感はありませんでした。

しかし、さらに調べると皮脂抑制の効果もあるということで、鼻の毛穴・角栓の対策にも良さそうだなと感じましたので、前顔のアンチエイジング目的から毛穴目的に移行しようかな~と思っています。

large-6

鼻や頬の毛穴が目立つ箇所にスポット使いしてみて良い結果が得られたら、またレポしますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)