美白だけじゃない!肌をリニュしてシワやたるみをなくすトレチノイン療法(4)

美白だけじゃない!肌をリニュしてシワやたるみをなくすトレチノイン療法(4)

⇒⇒前回の記事『美白だけじゃない!肌をリニュしてシワやたるみをなくすトレチノイン療法(3)』

トレチノインには濃度を適切に選ぶ必要があり、普通のクリーム感覚で使用するとどエライことになってしまうとご説明しました。

トレチノインの私の使い方

バストトップ用に処方してもらったトレチノインとハイドロキノン。残ってしまってもったいないなあ…ということで、よくよく調べて顔に使ってみることにしました。

が!ここからは自己流で素人のやることですので、「私もやってみようかな?」と思った方!何があっても知りませんぞ。ということをご理解くださいm(_ _)m

で、お風呂上りに試しに顔全体にトレチノインに塗りぬり。私の持っているトレチノインは0.1%でまあまあ激しめなので、塗った後10分でふき取り→洗顔をしました。その後、ハイドロキノンを塗っておきました。

gatag-00009638

幸い、寝ている間も起きてからも刺激を感じることがありませんでした。でも、コレで良いと思ってます。シミ治療のように本腰据えて「ぜってー消すから!」という意気込みでもありませんし、「ターンオーバーをちょっと促してくれたらいいかな~」くらいですので、ガチで反応させなくても良いと思います。

次の週、もう一度トレチノインを塗ってみましたが、今度は15分置いてみることに。すると、たったの5分の違いだというのに、翌朝は肌がゴワゴワして部分的に赤みが出て、口元のよく動かすところなんかはうっすら皮がめくれました!

「アブネー!これもうちょっと置いてたら顔中ヒリヒリして痛いパターンじゃん!」と焦りました(笑)

それくらい、トレチノインって強力なのですよね。

トレチノイン療法中は肌をとことんガードせよ!

トレチノインで強制ターンオーバーをさせているわけですので、皮がむけて角質が薄くなっているだけでなく、細胞自体も未熟でダメージを受けやすい状態です。しっかり保湿&紫外線対策をしなければ、逆効果にもなりかねません。

ちなみに、トレチノインは細胞を新しく作る時にヒアルロン酸も作るから良質の細胞作られる云々…と言われることがありますが、個人的には信用していません。

gatag-00010578

やっぱり肌は超特急で作られた細胞が多い状態で、その細胞は未熟で弱いと思っておいた方が良いと思います。

次回がラストです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)