どんどん取りたくなる♡炭酸ガスレーザーdeホクロ&シミ除去レポ(後編)

どんどん取りたくなる♡炭酸ガスレーザーdeホクロ&シミ除去レポ(後編)

⇒⇒どんどん取りたくなる♡炭酸ガスレーザーdeホクロ&シミ除去レポ(前編)

炭酸ガスレーザーで、ものの数分でホクロとシミを取り去ってもらいました!

さて、その後の経過はどんな感じなのでしょうか?!

テープ保護やめちゃった(笑)

品川スキンクリニックの場合、炭酸ガスレーザーでの処置後は、10日間軟膏+テープ保護を継続しなければなりません。

肌色のテープは肌よりも少し暗く、案外目立たないものですが、かと言って見えないものではなく、会社で他の社員と接する距離では「なんだろ、なんか貼ってる?」と認識されはします。

看護師さんが、「パウダーとか上からはたいてもらって大丈夫ですのでね」とおっしゃってましたが、いやいやパウダーが乗るような感じではないですね!

ということで、家にいる時は軟膏+テープを守っていたのですが、外出する時はやめちゃってました!

いやいや、マネはおよしくださいませよ!

何があっても自己責任ですし、きちんとクリニックの指示に従って頂く方がいいに決まってます。

レーザー後にも使えるコンシーラー

20131017080316-2761-555_thumbnail

出典 http://topicks.jp/67805

テープの代わりに用意したのが、“資生堂 ナビジョン スポッツカバー”と言う商品です。

ナビジョンというブランドは、いわゆるドクターズコスメに分類されますが、“ナビジョン”はネットでも購入でき、“ナビジョンDR”は医療機関でのみの販売となっています。

スポッツカバーも、ナビジョンとナビジョンDR両方に製品としてありますが、成分を見たところDRの方が肌に良さげな成分が配合されている、というだけに感じましたので、ナビジョンの方を購入しました。クリニックにわざわざそれだけ買いに行くのも面倒でしたし^^;

で、会社に行くときにはスポッツカバーを少し多めに傷跡に乗せ、そのまま少し放置してからティッシュで押さえ、ポンポンと指でたたいて馴染ませます。

かなり少量でもいけますが、傷跡にしっかりと入れ込みたいので、最初に少し多めに乗せるようにしました。

ナビジョンは、レーザー後の肌をガードしてくれます。

処置後紫外線に当たると、ホクロやシミが再発してしまうリスクが上がります。

ナビジョンでしっかりカバーしていましたが、私は外に出る時のみさらにマスクで日が当たらないように注意していました。

傷跡は徐々に凹みがなくなる

一番傷が深かったのは、くちびるのホクロでした。

当日の夜に早々にテープが外れたので傷口を観察しましたが、ポコッとクレーターのように凹みができていました。

ホクロはシミよりも深めに削らないと再発しそうですもんね。

3~4日くらいで凹みはなくなったように思います。その後、肌の部分は赤→茶色と変化しました。くちびるの傷は白っぽく変化しました。

こういった色素沈着や白っぽく傷跡が残るのは、数ヶ月消えません。

半年くらい経ったらほぼ見えなくなりますが、稀にホクロが再発したり、白っぽい傷跡として残ってしまうこともあります。

3ヶ月経った今、幸い私は順調に傷跡が薄くなってきています。

こうなってくると、小さなシミでも取りたくなりますね!キリがありません(笑)

次回は目元のシミ取りと、小さなホクロ取りをするつもりです!

large-6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)