【美容整形修正シリーズ】鼻の整形は修正できるのか?!

【美容整形修正シリーズ】鼻の整形は修正できるのか?!

鼻中隔延長をやり直したい

前々から度々申し上げていますが、鼻の手術で最近グッと需要が高まっているのが、鼻中隔延長です。

鼻中隔延長をすると、正面から鼻の穴が見えにくくなるというメリットがあるため、若い世代の女性が要望するケースが増えています。

読者モデルなども「あれ?なんか顔変わった?」と思いよく見ると、鼻先が下に向かって尖るように整形していた、なんてことが頻繁にあります。

しかしながら、比較的難しい手術に分類され取り扱っていないクリニックもありますし、デメリットも大きめな手術です。

術後「やっぱり戻したい」と思う人も多いようです。

%e6%82%a9%e3%82%80

 

 

出典 http://weheartit.com/

戻したい理由は?

「魔女鼻みたい」「整形したってバレバレな鼻」「自分に似合っていない」などの理由で戻したいという人がいる一方、「将来に鼻が曲がる可能性があると知って怖くなった」と先の不安を抱える人や、「鼻づまりするようになった」と今現在不便になった人までいます。

%e9%bc%bb

出典 http://weheartit.com/

確かに、鼻中隔延長は将来に鼻が曲がったり、まるでLプロテーゼの経年変化のように鼻先の皮膚が薄くなったりするといった症例があります。鼻中隔延長を受けた約半分の人が、10年以上経った時にトラブルが発生する、と経験から悟ったドクターもいるくらいです。

また、しっかりと鼻先を伸ばそうとするが故に、たくさんの軟骨を使用して手術した場合、鼻の穴が狭くなり呼吸がしづらくなってしまうこともあります。

昔から鼻の穴が狭い人であればそこまで気にならないかもしれませんが、やはり手術により息がしにくくなると、精神的にも参ってしまうことでしょう。

気に入らなくても半年待とう

手術をすると当然術後には腫れます。その辺でゴチンと頭をぶつけたくらいの腫れと同じと考えてはいけません。傷や炎症が治まらなければ腫れも続きますので、完全に腫れが引くまでは数か月かかって当たり前であり、半年くらい経たなければ完成形ではないのです。

ですので、「やっぱり形が気に入らないかも?」と思っても、焦って修正を求めるのは賢明とは言えません。

「これは魔女鼻すぎるからもうちょっと控えめにしたい!」と言って早くに軟骨を削り、修正したとします。しかし、腫れが収まってみると「アレ?なんだか控えめ?」となってしまう可能性だってあるのです。

形が気に入らないのでちょっと抑えめにしたい、という希望であればやはり半年待つのが良いでしょう。

%e6%9c%aa%e4%bd%bf%e7%94%a8%ef%bc%92

出典 http://weheartit.com/

 

鼻の施術の最適なクリニックはこちらをお勧めしています。

新バナー:鼻の整形バナー

早く修正した方が良い場合も

鼻づまりや将来の不安から「鼻を完全に元に戻したい」という場合は、半年待たずに修正術を行った方が望ましいでしょう。

理由は、時間をおけばおく程、追加した軟骨が鼻の軟骨と癒着してくっついてしまうからです。

くっついたものをはがすとなると、結構大変です。ですから、元に戻したい場合は、早めに修正した方がアッサリ軟骨を取り除くことができるのです。

datumou

 

出典 http://weheartit.com/