ドクターが嫌がる情報!?針系施術の痛み&内出血を激減する方法とは?(後編)

ドクターが嫌がる情報!?針系施術の痛み&内出血を激減する方法とは?(後編)

【ドクターが嫌がる情報!?針系施術の痛み&内出血を激減する方法とは?(前編)はこちら】

鍼2

とあるクリニックでのウルトラVリフト

個人の小さなクリニックでウルトラVリフトショッピングリフト)を受けた時のことです。予約時間を1時間近く過ぎ、イライラ度MAXな「私はカウンセリングで適当に話を聞いて帰ろう!」と思っていました。

ようやく診察室に入ると、案の定“丁寧すぎる診察系”でした。自分の番が来ればじっくりと話を聞いてもらえるし良いのですが、私は患者の待たせすぎも良くないと思っているので、カウンセリングも適度である方が患者にとっての善なのではと考えています。(以前病院受付で働いていたこともあり)

鍼1

カウンセリングでは「あなたの場合はこういう向きで糸を入れた方がいいね」などという説明をふんふんと聞いていました。先生の感じも悪くなかったので怒りも収まり、予定通りウルトラVリフトを受けることに

いざ処置ベッドに横たわると看護師さんがアイスパックで顔をガンガンに冷やしてくれます。

ウルトラVを受ける前に冷やしてくれるクリニックに出会ったことがなかったので、とても驚きました

で、先生が登場して針を刺していくのですが…。

「なにこれ!?痛くない!」

鍼2

スーパーゆっくり刺す!

もちろん、痛みはゼロではありません。しかしながら、いつもよりも相当に痛みが少ないのです

いつもは、表面麻酔をしていても、笑気ガスを吸っていても「グサー!!」っという強い痛みがあります。(麻酔が標準で付属していることもあります。)

この先生は、チクッとして→スー→終了。

でも、痛くない理由はわかっています。

この刺すスピード!!めっちゃゆっくりです!

他のドクターが1本の針にかける時間が2秒くらいだったとしたら、この先生は多分8秒くらい。それくらいゆっくり丁寧に刺してくれます

 

とにかく冷やす!

針が全て刺さったら、押さえながら一気に引き抜きます。

まずは、消毒+グッと圧迫。そして再度アイスノンが登場します!アイスノンでギュッと押さえながら冷やしてくれるのです!

先生にも看護師さんにも「こんなに丁寧にやってもらったことないです~」というと、「そうでしょ。だって時間かかるもんね」と言っていました。

鍼6

腫れも内出血もナシだなんて!

いつも、ウルトラVリフトを受けた後は、岐路の電車の中でもアイスノンで冷やして腫れと内出血を少しでも減らそうと努力する私ですが、その日はあえて何もせずに、マスクだけで普通に帰ってみました。

で、翌日どうなったかと言いますと…。

針穴のみ!腫れと内出血はほぼナシ!

という驚きの結果でした!

 

看護師さん曰く、「冷やすと痛みも少なくなるし、血行も落ちて内出血しにくくなるのよね」とのことでした。無論、内出血は“運”もありますので、針を刺す以上ぜったいに0!というわけにはいきません

しかし、こんなに“ゆっくりスピード+冷やす”でダウンタイムがほぼナシになるとは…。

鍼3

もしかしたらこの先生のやり方は、本来の方法ではないかもしれませんが、患者の負担を考えてくれていて素晴らしいと感じましたね!

まあ、大手のクリニックとかでは無理な方法でしょうね…。そんな先生がいたら「キミィ!どれだけチンタラやってるんだね!」とか怒られそう(笑)いや、私の勝手なイメージですよ(笑)

 

※先生に「ブログに書いていいですか」と聞くと「そうしちゃったらキミがほめてくれたこの方法、できなくなるかもね」と言われたので、名前はお出しできません^^;

鍼4

One thought on “ドクターが嫌がる情報!?針系施術の痛み&内出血を激減する方法とは?(後編)

  1. あたん

    ぜひそちらのクリニックでウルトラVリフトをさせていただきたいです!
    良ければ教えていただけませんか>_<?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)