結局どれがイイの?!肌質改善できる整形・美容皮膚科施術は?(ラスト)

結局どれがイイの?!肌質改善できる整形・美容皮膚科施術は?(ラスト)

【結局どれがイイの?!肌質改善できる整形・美容皮膚科施術は?(1)】の記事はこちら

【結局どれがイイの?!肌質改善できる整形・美容皮膚科施術は?(2)】の記事はこちら

 

もし予算に余裕がないのであれば、これは最優先ではないかな…と思う施術の理由をお伝えしていきたいと思います。

肌質4

点滴はすぐ出ていくしね…

プラセンタや美容点滴って、やったからと言ってすぐ美につながるものではありません。加えて、職場の看護師さんによく言われるのですが「そんなん食べるのと一緒よ~!」と思っているところもあるからです。

もちろん、口から摂取できない成分も入れてくれてはいますが、点滴はすぐに体から排出されてしまいますし、貧乏性な私としてはコスパが悪いのでは、と思ってしまいます(笑)

肌質3

メソセラピーは絶大な変化はない

水光注射やサーモン注射は、いわゆる“メソセラピー”と言われるもので、効かせたい顔にダイレクトに薬剤を注入することで肌質を改善しようというものです。(メソセラピー=脂肪溶解注射ではありません!)

確かにお尻や腕に打つよりも、すぐ近くの細胞に取り込まれて良さそうな気がしますが、正直効果の程は「こりゃ回数勝負だな…」という感じです

私はドクターの手打ちで受けることが多いのですが、ダーマシャインなど機器を使用した水光注射ですと、ヒアルロン酸がメインで、そこにオプションで成分を追加することが可能です。

グロースファクターやボトックス、プラセンタなどをプラスできるクリニックが多いかと思います

肌質2

中に栄養よりも表面のテクスチャー優先がいいカモ

リンデンシティ(吸収される栄養入りヒアル)やプラセンテックスを打った後は、肌がしっとりしていい感じなのですが、2日もすればその感覚はなくなります。そして見た目も、特に変化はナシです

リデンシティは3ヶ月連続で、サーモンは半年連続で受けましたが、肌の見た目は変わっていないと思います。

やはり肌の見た目をキレイにするには、まずは表面からアプローチした方がいいかもしれません。フラクショナルやダーマローラーでダメージを与え、それを補助する目的でリンデンシティを使用すると効果もより活きるのではないかと思います。

ただし、毛穴が見えないくらい小さく粉がふく程の乾燥肌の人がリデンシティを継続して受けるのは、肌質改善として大きな効果をもたらすかもしれません。

Beautiful woman and spring aromatherapy outdoors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)