結局どれがイイの?!肌質改善できる整形・美容皮膚科施術は?

結局どれがイイの?!肌質改善できる整形・美容皮膚科施術は?

肌質5

出典

http://weheartit.com/

 

肌質改善”とか“お肌の土台を作る”とかよく耳にしますよね。

 

美容クリニックの施術メニューを見ていても、肌質改善を謳っているものがたくさんあります。

 

その全部がバツグンに効くのであれば、すでに日本女子の肌はお悩みナシの美肌になっているかもしれませんね…。

 

しかし現実はそうではありません。残念ですが、個人差があったり謳っているほどの効果が無いものもあります。

 

色々な施術を受けて一応酸いも甘いも経験した私が、僭越ながら「これは肌質が変わったかも!」と感じた施術についてお伝えしたいと思います。

 

肌質3

出典

http://weheartit.com/

 

フラクショナルCO2レーザー

レーザー・高周波の中では群を抜いて効果があると思ってます。やっぱり物理的に肌を傷つけて再生させるというのは良いみたいです。

 

頑張って毎月受け続けた後、年に一度のみ会う友達数人に「肌がキレイになった!!」と言われました。残念ながら毛穴はそんなに改善していないのですが、肌のハリ・ツヤ感がアップして、シミも少なくなったようです。目立つシミはダメですが…。

 

オプションでグロースファクターのパックや美容液を塗ってもらったり、エレクトロポレーションで導入したりするのも有効だと思いますが、その分単価は上がります。それならシンプルにフラクショナルだけにして、回数を増やす方がいいのではと思います。

 

難点はそう、痛いことです。照射時も、照射後もしばらく痛い肌表面にドットがあるので化粧ノリは悪いですし、皮むけもしますのでダウンタイムもあります。

 

しかし、それをガマンする価値はあるのではないかと思います。

 

と言いつつ、コース組んでるのに全然受けに言ってません!イタイから!(笑)

 

肌質2

出典

http://weheartit.com/

 

ボトックス(ボツリヌストキシン)

 

肌質改善と言うと少しイメージが違うかもしれませんが、しかしながら見た目への影響が大きいので挙げさせていただきます。

 

すでにボトックスを欠かさない女性も多いかと思いますが、目元・おでこのシワをよらないようにするだけで、見た目が相当若返ります。

 

マイクロボトックス”だなんて、肌の浅い部分に広範囲に打つ施術でお金を遣わなくても、シワ部分に効かせるだけで十分だと思います。

 

肌質4

出典

http://weheartit.com/

肌質2

出典

http://weheartit.com/

 

ウルトラVリフト(ショッピングリフト)

 

数か月で溶ける短い糸を肌の中に針でもって挿入していくというもので、糸を異物と見なすためコラーゲンの生成が活発になるという理論です。

 

引っ張るわけでもないので、即効リフトアップするとかそういうものではないのですが、私はフェイスラインのたるみがコレにより解消しました。軽度のたるみには良いと思いますし、たるみ予防にも良いです。

 

加えて、肌が活性化したからかフェイスラインの吹き出物ができにくくなりました!

 

あまり耳にはしませんが、実はニキビ治療開始前にウルトラVをして、その後の治療の効果を上げるという使われ方もしているそうです。施術と患者の経過を間近で見た看護師さん曰く、まずウルトラVリフトで肌をしっかりさせることで、その後のレーザーなどの効果が違うらしいです。

 

 

フラクショナルにしてもウルトラVにしても、痛いんですよね~。

 

最近は痛みやダウンタイムが少ない施術の需要が高いので、クリニックもそういう施術を推してきますが、しかしフォトよりもフラクショナルの方が効果が高い気がします。もちろん肌質にもよりますが、やっぱり本気の美には痛みが付きものということなのでしょう…。

 

肌質3

コレやるなら他のにしたらどう?という施術

 

これも人によって相性がありますので一概には言えませんが、コレ受けるなら他のをチョイスした方が良いような…と思ったものを挙げてみたいと思います。

 

  • プラセンタ注射(お尻や腕)
  • 美容点滴類
  • 水光注射(ダーマシャイン・ダーマクイーン)
  • サーモン注射(プラセンテックス・リジュラン)(顔)

 

この4つに関しては“やらないよりかはやる方がいい”という感じだと思ってます。

もちろん、予算に余裕があったらお受けになった方がいいです確実に!でも、予算が少なく美容にお金をかけてられないという事情があり、省くのであればコレかなあと感じました。

 

肌質1

出典

http://weheartit.com/

 

肌質4

点滴はすぐ出ていくしね…

 

プラセンタや美容点滴って、やったからと言ってすぐ美につながるものではありません。加えて、職場の看護師さんによく言われるのですが「そんなん食べるのと一緒よ~!」と思っているところもあるからです。

 

もちろん、口から摂取できない成分も入れてくれてはいますが、点滴はすぐに体から排出されてしまいますし、貧乏性な私としてはコスパが悪いのでは、と思ってしまいます(笑)

 

肌質3

メソセラピーは絶大な変化はない

水光注射やサーモン注射は、いわゆる“メソセラピー”と言われるもので、効かせたい顔にダイレクトに薬剤を注入することで肌質を改善しようというものです。(メソセラピー=脂肪溶解注射ではありません!)

 

確かにお尻や腕に打つよりも、すぐ近くの細胞に取り込まれて良さそうな気がしますが、正直効果の程は「こりゃ回数勝負だな…」という感じです。

 

私はドクターの手打ちで受けることが多いのですが、ダーマシャインなど機器を使用した水光注射ですと、ヒアルロン酸がメインで、そこにオプションで成分を追加することが可能です。

 

グロースファクターやボトックス、プラセンタなどをプラスできるクリニックが多いかと思います。

 

肌質2

中に栄養よりも表面のテクスチャー優先がいいカモ

リンデンシティ(吸収される栄養入りヒアル)やプラセンテックスを打った後は、肌がしっとりしていい感じなのですが、2日もすればその感覚はなくなります。そして見た目も、特に変化はナシです。

 

リデンシティは3ヶ月連続で、サーモンは半年連続で受けましたが、肌の見た目は変わっていないと思います。

 

やはり肌の見た目をキレイにするには、まずは表面からアプローチした方がいいかもしれません。フラクショナルやダーマローラーでダメージを与え、それを補助する目的でリンデンシティを使用すると効果もより活きるのではないかと思います。

 

ただし、毛穴が見えないくらい小さく粉がふく程の乾燥肌の人がリデンシティを継続して受けるのは、肌質改善として大きな効果をもたらすかもしれません。

 

Beautiful woman and spring aromatherapy outdoors