手ごわい!ゴルゴ線・ミッドチークラインを本気でなくすには?(2)

手ごわい!ゴルゴ線・ミッドチークラインを本気でなくすには?(2)

【手ごわい!ゴルゴ線・ミッドチークラインを本気でなくすには?(1)】の記事はこちら

 

母のゴルゴ線を触って、素人ながら「こう治療しなければ!」と実感しました。

しかしその前に、ゴルゴ線の一般的な治療法をおさらいしておきたいと思います。

ゴルゴ線2

ヒアルロン酸注入

まずはコレです。「ゴルゴ線が気になるんです~」といえば、まあ100%に近いくらいヒアル注入を勧められるのではないかと思います。

固めのヒアルを深めの位置に注入します。量は1~3mlくらいが適当です。

ヒアル注入でコワイのが、何と言っても“入れすぎ”です。私も完全にラインを消したく「先生、もうちょっとお願います」が口癖でした(笑)

しかし、入れすぎても消えない場合は消えませんし、頬が異様に膨らんで目立つようになりますし(鏡では気づかず写メなどで客観視しないと気づけません)、しまいにゃ目が圧迫されて細く見えますし、良いことなど無いのです。

ゴルゴ線3

脂肪注入

うまくいけばヒアルよりも長持ちしますし、患者満足度も高いということから、結構勧められます

私はおでこに脂肪注入をした経験があるのですが、しこりにはならなかったものの1度ではやはり吸収されてしまい物足りなく感じています。頬など、動くところであれば尚のこと吸収されるのではないかと思う点と、脂肪の処理に関してクリニックによって見解が違う点から脂肪注入には二の足を踏んでしまいます。

 

成長因子注入

PRPは組織を持ち上げる程の威力はなく、肌質改善くらいの効果しかありませんのでナシW-PRP(セルリバイブジータ)は膨らむ加減がよくわからない難しい治療なので却下。

FGFは結構いいかも?と思いますが、どこまでふっくらするかはやってみないとわからないので、私的には不確実に思えます。ゴルゴ線のような深いシワを改善するためではなく、手の甲とかをふっくらさせたいとかいうのには賛成なんですが…。

脂肪注入よりかは低リスクかもしれませんが、その分回数が一度では済まないかもしれません

ゴルゴ線4

スレッドリフト

ウルトラVリフトなどの肌質改善を狙うものではなく、こめかみ等から引っ張ってたるみを改善する治療です。

ドクターが、頬の上部をクイと持ち上げて「ホラ、ゴルゴ線がちょっとマシになるでしょう」と教えてくれますが、確かにそうだと思います。

ただ、リフトアップでゴルゴ線をなくそうとするならば、かなり強力な引き上げが必要だと思います。加えて、スレッドリフトは元に戻るのが早いので、う~んと言った感じです。

 

第3弾に続きます!

ゴルゴ線1