毛穴を小さくしたいなら“GG”のエレクトロポレーションで!(前編)

毛穴を小さくしたいなら“GG”のエレクトロポレーションで!(前編)

「あなたは毛穴の開きが広いから、云々…」とプロの美容外科医に複数回指摘されたことのある私です…。しかも、毛穴治療の相談でもない時に!(肌質がこうだからこういう施術で、という話でした)

 

そんな“お墨付き”の毛穴を退治するべく、色々な方法に取り組んできましたが、中でももっとも効果があると感じたのが、“GG”と略されることが多いグリシルグリシンという成分なのでした

毛穴4

出典

http://www.hirose-hifuka.com/operation/parts_facial/glycyl-glycine.php

男性ホルモンが多いと毛穴が目立つ!?

突然ですが、手の甲を自分に向けて指を真っ直ぐ伸ばし、人差し指と薬指の長さを比べてみてください

どちらが長いかで、あなたが男性ホルモンが多いタイプか少ないタイプかを見分けることができます。

私は完全に、どこからどう見ても薬指の方が長い…。くそう、それで毛穴が大きいのか…orz

そうなのです、薬指の方が長い場合は、“男性ホルモンが多い女性”ということになります

毛穴というのは、男性ホルモンが多大に影響しています。

毛穴が男性ホルモンをキャッチすると、皮脂腺がどんどん脂を出していきます

毛穴2

出典

http://weheartit.com/

油取り紙は使った方がいい!?

「お肌が乾燥するから、油取り紙は使わない方がいい」とはよく言われることですよね。

しかし、毛穴に関して言えば、皮脂をそのままにすることは、毛穴の開きを悪化させてしまうということに直結します

実は、皮脂にはオレイン酸という不飽和脂肪酸が含まれています。

オレイン酸は比較的酸化しにくい性質を持っているのですが、しかし長い時間肌の上で空気にさらされていると酸化していきます

酸化すると“変性皮脂”という状態になり、これが毛穴の周りの皮膚に炎症を起こさせてしまいます。炎症を起こしてしまった毛穴周りの皮膚は、盛り上がり固くなり、そしてすり鉢状に毛穴の中心に向かって落ちくぼむような形になってしまいます。これが、毛穴が広がって見えることの真相です。

そして、変性皮脂は、肌のターンオーバーをも狂わせてしまい、完全ではないテキトーな細胞つくりをさせてしまいます。

この状態を“不全化角化”と言いますが、不全角化した細胞はじっくり作られたわけではなく、異常な命令で超特急で作られたものですので、水分を貯めこむ機能も低く、肌が乾燥しやすくしぼんでしまいます。こうなると、余計に毛穴が目立つことは想像に難くありませんね。

お風呂上りには毛穴がマシに見えるのに、冷房ガンガンなオフィスにいると、毛穴が目立つという経験からイメージできます。

 

後編に続きます!

毛穴3

出典

http://weheartit.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)