本気で毛穴治療するなら!複合的に多方面からアプローチしよう!(前編)

本気で毛穴治療するなら!複合的に多方面からアプローチしよう!(前編)

肌2

出典

http://weheartit.com/

「肌の一番の悩みは何ですか?」そう聞かれれば「毛穴」と即答します。

小学生の高学年頃には毛穴に汚れがしっかり詰まっていることが確認できるくらいに、毛穴の開きが強い私です。

中学生で爆発的に大ヒットした鼻パックを使うも、「余計に毛穴の開く」と聞いて使用をストップし、その後毛穴掃除をまったくしなかったり、オイルで浮かせるようにしてみたり、スティックで押し出したり…。

色々試しましたが、「自己流ケアで毛穴をなんとかしようというのは無理があるのでは…」ということで、美容外科での治療を受けていくことにしました。

肌3

毛穴の治療のバリエは少ない!

美容皮膚科的なメニューは、本当にたくさんあります

レーザーだけでもかなり種類があるのに、その上ピーリング導入水光注射スレッド系の施術などなど…ビギナーさんは、迷うと同時に「キレイになれるものがこんなに色々あるのね?!」と心躍るかもしれません。

しかし!その多岐に渡るメニューの中で、毛穴をターゲットにした施術は何割くらいを占めるでしょうか?

詳しく統計を取ったことはありませんので、正確に「何割」と答えることはできませんが、例えばたるみ治療に比べると、そのバリエーション・選択肢は非常に少ないです

たるみにはレーザーやスレッドリフト、もしくは切るリフトシミにはレーザーと内服、という感じで「これにはこう!」と明確な治療法が用意されていると思いますが、毛穴に対してはそうではない気がしています。

肌1

出典

http://weheartit.com/

毛穴治療と言ったらこのレーザー

美容クリニックのカウンセリングで「毛穴が気なります」と答えると、返ってくる答えはだいたいこうです。

フラクショナルCO2で皮膚の入れ替えをしていきましょう」

ジェネシスでピーリングして、肌表面をなめらかに整えましょう」

そうか、要するに皮膚の入れ替えをすればいいのね!ということで、痛いのを覚悟してフラクショナルCO2をコース組み、どっしり腰を据えて受けてみることにしました!

肌4

次回へ続きます!