クリニック処方だから安心!お薬の力をちょっぴり借りてダイエット

クリニック処方だから安心!お薬の力をちょっぴり借りてダイエット

頼れるダイエットグッズはたくさんある

ダイエット市場は、これからもどんどん拡大していくでしょう。色々なメーカーがダイエットグッズを開発し、痩せるために力を貸してくれるものは、身の回りにあふれています。

ダイエット4

サプリメントもその一つで、気軽に取り入れられるのが魅力です。アプローチのしかたはさまざまですが、ダイエット効果があると言われる成分は非常に多く存在します。

 ギムネマやキトサンが配合されたスリム効果のあるサプリ、アミノ酸やカルニチン脂肪の燃焼を促すサプリ。

ダイエットと銘打っているわけではありませんが、クエン酸や食物繊維にもダイエット効果はあります。クエン酸は油の吸収を抑えてくれます。ですから、からあげには付け合せでレモンが添えられています。

食物繊維は炭水化物の吸収をおだやかにします。最近では、サラダを先に食べる方法で食物繊維を先に胃に入れるように心がけている方は多いのではないでしょうか。しかしずっと昔から、納豆ごはんなど、食物繊維と炭水化物を一緒に摂るように工夫されていたのです。

ダイエット5

 

油の吸収を抑えるゼニカル

ゼニカルは、腸にバリアを張って油を吸収しないようにしてくれます。飲んだ翌日に便に変化があります。少し汚いですが、はっきり目に見える量で油が排出されます。「昨日食べたものの中にこんなに油が入っていたの…?」と少し恐ろしくなります。

少し厄介なのが、便とは別のタイミングで油だけ出てくることです。「おならかな?」と思ったら、油が出る時があるので、下着を汚さないように気を付けなければなりません。

ゼニカルは常飲するのではなく、外食や油を多く含む食事の時に服用するようにします。サプリメントのような気軽さが良いところです。ただし、服用したら下痢気味になりますので、元々お腹が弱い方は注意が必要です。

「ゼニカルを飲んでいるから痩せる」のではなく、「食べてそのまま太るということを防いでくれるので、そこから頑張りましょう!」というものですので、過剰な期待は禁物です。

ダイエット3

 

食欲を減退させるサノレックス

確かに食欲は落ちるのですが、胃や体の状態が悪いわけではないので、食べようと思えば食べられてしまいます。ですので、ダイエットをするという強い決意があれば大いなる味方となってくれますが、これを飲んでいれば痩せるというノリで始めてしまうと、「まったく効かない!」で終わると思います。決心してダイエットモードになってはいるが、時にどうしようもない食欲に襲われる、という方はぜひ一度頼ってみてはいかがでしょうか。

注意点は、うつ症状がある方は、気分がさらに落ち込む可能性があります。もし服用してそのように感じられればすぐに中止しなければなりません。

依存することなく、かしこく薬を使ってダイエットを成功させましょう!