【美容整形修正シリーズ】フィラー注入後修正は可能か?~スーパーヒアル編~

【美容整形修正シリーズ】フィラー注入後修正は可能か?~スーパーヒアル編~

アクアミドダーマライブなど、ヒアルロン酸に何かを加えて非吸収性にしたものを“スーパーヒアルロン酸”と呼ぶことがあります。

修正3

アクアミド

アクアミドとは、ヒアルロン酸に“ポリアクリルアミド”というものを70%混ぜたものです普通のヒアルとは違い、非吸収性という特徴を持ちます

ポリアクリルアミドは食品添加物にも使われるそうで、そう聞くと安全なもののように思えますが、注入剤して使用した場合は大きな問題を起こしています。ヨーロッパで開発されたのですが、顔が変形したり、溶かせないためトラブルに対応できないということで、海外では訴訟なども起こされているそうです。

修正6

注入後長年に渡りトラブルなしで過ごせている方は、再注入などもせずにラッキーだと思いますが、もし感染したりアレルギーを起こしたりして除去の必要が出てしまった場合は切開して削り取るしかありませんアクアミドを注入するということは、大きな賭けをする、ということになると思います。

修正2

ダーマライブ

ダーマライブもアクアミドと同じく、ヒアルロン酸に他のもの粒子を混ぜたものです。(アクリルハイドロゲル・ハイドロキシメチルメタクリレート・ポリメチルメタクリレートと呼ばれるものが30%程度含まれているとのことです。)一度注入すると、吸収されずに体内に残ります

注入後数年で何も変化がないからといって安心できるものではありません。例えば20年度に異物反応を起こして炎症を起こしたり、しこりになったりすることだってあり得ます。つまり、いつどのような状態になるかもしれないものをずっと抱えていくことになるということです。

Surgeon making injection on pretty woman lying on operating table

まあ体の健康な細胞でもいつ病気になるかはわかりませので、そういう意味では「多少危険なことはあっても、何回も施術を受けるよりはマシ」と考える人には大した問題ではないのかもしれません。

ただやはり、修正というか炎症に対応するために点滴を受けたり、収まらなければ切開して取り除く。しかし100%取り除けるものではない、というものは個人的には心配だなあと思ってしまいます

修正1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)