美容クリニックの医療レーザーの種類を解説します!(Part1)

美容クリニックの医療レーザーの種類を解説します!(Part1)

美容外科や美容皮膚科で取り扱っているレーザーって、ホントたくさんあってワケわかんないですよね^^;

レーザーの機能別の種類以外に、メーカーごとに名前を変えてきているので、余計にややこしくなってしまっているという面もあります。

つまり、違う名前の施術を受けていても、実は中身はほぼ同じだった!なんてこともよくあります

今回はまず、レーザーの種類について有名なものをメインにご紹介したいと思います!

レーザー1

炭酸ガスレーザー

CO2レーザーとも呼ばれます。これはメーカーが違うとかではなく、単に日本語か英語かの違いだけです(笑)

このレーザーは、水に吸収されやすいという性質を持っているため、水分の多い人間の体にはちょうどよく、レーザーメスとして利用されています。

どんな施術に用いられるかというと、ホクロ・イボの除去フラクショナルレーザーが多いです。

(フラクショナルCO2レーザーとは、皮膚表面に小さな穴を開けて敢えてダメージを与えて肌の回復を促します。肌を入れ替えますので、毛穴やニキビ跡対策に。)

レーザー3

アレキサンドライトレーザー

こちらは、結構耳にしたことがあるという方が多いのではないでしょうか?

そう、アレキサンドライトレーザーは脱毛マシンとして活躍しています!今までに脱毛用として開発されたレーザーの中では一番性能が高いと言われています

ジュエリーに詳しい方ならこう思われるかもしれません。「アレキサンドライトってあの高級宝石の?」と。私もジュエリー大好きなので、反応しました(笑)

レーザー5

しかし、アレキサンドライトはダイヤ以上に高額な場合が多いですので、そんなものがマシンに使われていたら脱毛料金が跳ね上がって私たち凡人が受けることができなくなってしまいます。安心して下さい。人工のアレキですよ(笑)

アレキサンドライトレーザーの光線は、お肌の表面をすり抜けて毛根・毛乳頭のメラニン細胞のみに反応します熱でダメージを受けた毛根などは、ほぼ復活することはないので、“本物の脱毛”と言えます。エステなどで受けられる光脱毛よりも、少ない回数で確実にムダ毛を減らせます。

レーザー4

29 thoughts on “美容クリニックの医療レーザーの種類を解説します!(Part1)

  1. going here

    Usually I don at read article on blogs, but I wish to say that this write-up very forced me to take a look at and do so! Your writing taste has been amazed me. Thanks, very nice article.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)