顔面崩壊?!鼻プロテーゼ・軟骨移植・鼻中隔延長は整形崩れすることはあるのか?(ラスト)

顔面崩壊?!鼻プロテーゼ・軟骨移植・鼻中隔延長は整形崩れすることはあるのか?(ラスト)

いよいよラストとなります!鼻中隔延長が崩れる原因を探ります。

《Part⑴の記事はこちら》

《Part⑵の記事はこちら》

《Part⑶の記事はこちら》

鼻2

 

出典

http://weheartit.com/

 

デザインが原因で崩れることもある

鼻中隔延長でも、年月の経過と共に鼻先の皮膚が薄くなってしまうという、L字プロテーゼと同じようなことが起こることがあります。

これは、無理をして手術した場合に起こることが多いです。それぞれに「こんな鼻になりたい」という希望はあるかと思いますが、ドクターの反対を押し切ってオーバーすぎるデザインにするのは危険だと言えます。

ちなみに鼻中隔を延長できるのは、鼻中隔を親指と人差し指でつまんでみて皮膚が伸びるところまで、という目安があります。

鼻5

出典

http://weheartit.com/

 

手術方法が原因で崩れることもある

鼻中隔延長の手術方法は、「絶対コレ!」という風に決まっているものではありません。ドクターによって、やり方に差があります。

最も鼻が曲がりやすいのが耳の軟骨を使用した場合ですが、鼻中隔軟骨や肋軟骨を使った場合でも2枚使用して延長するのが曲がる確率が一番低くなるそうです

鼻4

出典

http://weheartit.com/

 

以前に鼻の手術を受けていれば崩れやすい

L型プロテーゼや鼻尖縮小・鼻先の軟骨移植などの既往歴がある場合、鼻中隔延長を行った後に鼻が曲がりしやすいということもあるそうです

私もカウンセリングで数回違うドクターに言われたことがありますが、一度手術をしたところは傷が完全に治ったとしても、他の何もしていない部分に比べると固くなってしまうそうです。

血流の問題もありますし、鼻の手術はできれば一度で終わらせたいですね。

鼻3

出典

http://weheartit.com/

 

 

名医も百戦錬磨ではなかった

鼻の整形手術と言えば、ヴェリテクリニックの福田先生が有名です。私も何度となく書かせていただいてますが、めちゃくちゃオススメというわけではありません。なぜなら、カウンセリングがコワイからです(笑)

まあそれはさておき、福田先生も鼻中隔延長術については失敗というか、うまく出来るようになるまで色々と試行錯誤されたようです。自分が手術した患者がどういう経過をたどったかを記録しておき、統計もとっています。「変形した」と言って再診に来る患者に修正手術を行い、またそれでデータを集めていたのでしょう。こういう風に書くと何だか人で実験しているような感じに見えてしまいますが、私はとても熱心で整形手術に真っ直ぐ向き合う医師だなと感じました。

そうして実際の手術で色々試していき、鼻中隔延長の方法を磨いてこられたようです。

鼻6

鼻中隔延長には様々なポイントがあり、難易度の高い手術だと言えるでしょう。

クリニック・ドクター選びは慎重に行ってくださいね。

 

鼻の施術に最適なクリニックはこちらをお勧めしています。

新バナー:鼻の整形バナー