額・首のシワを取る治療は本当に“ボトックス”が最適なのか?

額・首のシワを取る治療は本当に“ボトックス”が最適なのか?

美容外科などに行って「おでこのシワが気になるんです~」とドクターに相談すると、「じゃあボトックス打ったらいいですよ」という答えが返ってくることが大半だと思います。もしかしたら、100%に近いくらいそう答えられるかもしれません。

私も顔のボトックス(ボツリヌストキシン)は、ここ5年間くらいほとんど効かせ続けています。たまに切れている期間もありますが、ボトックスの効き目が失われている時間が長ければ長いほど、表情を動かす時に折りたたみジワが刻まれていく!という強迫感がありますので、とにかく間髪入れずに打ちに行くようにしています(笑)(そんな焦って打ちにいかなくてもたいして変わらないと思いますが^^;)

しわ1

そんなわけで額にはボツリヌストキシンを打ち続けており、首には打っておりません

確かに首にも打たないよりかは打った方がいいと思うのですが、首ってかなり頻繁に動かしますし、正直あんまり意味無いんじゃ?と個人的には思っています

シワが深くなるのはイヤなのですが、腕を曲げた時にヒジの内側の方にシワができるのと同じで、これこそ必要な折りたたみジワではないのか?と思うわけです。

しわ4

 

ボトックスで確かにシワは寄らなくなるけど…

私はおでこが広く、小さな頃から眉を持ち上げるとおでこに2~3本シワができました。ですので、例えボトックスでシワができないように筋肉の動きを止めたとしても、見た目としてわずかにシワはあります

ファンデなどを塗ればわからない程度ではあるのですが、「ボトックスでシワがよらないようにはしたけど、シワというか溝はあるよね…」と感じていました。

そこで、違う方法でこの溝にアプローチしてみることにしました!

しわ3

 

シワに沿ってヒアルロン酸注入

「シワのところにうまくヒアルロン酸が入れば、溝を埋めてくれてイイ感じになるのでは?!」と思い、試してみることにしました。

しかし、これって結構難しいものなのですね…。ボトックスが効いていない状態でヒアルを注入したのですが、眉を上げると普通にシワができてしまいます。その上、ヒアルロン酸が入っている分おでこの皮膚のボリュームが増し、筋肉を動かすと違和感があります(汗)

やはりまずはボトックスでシワができないようにする、ということが第一歩のようです。

しわ6

 

水光注射に変更してチャレンジ!

ボトックスなりボツリヌストキシンなりでまずは額の動きを止めなければならないことを再確認した私は、とりあえずシワができない状態を作りました。

そして数週間後、今度はヒアルロン酸をシワに沿って入れるのではなく、水光注射(メソセラピーとも言いますね)にして打ってみることにしました。(もちろんこの時、前回入れたヒアルはすべて吸収済みです。)

しわ7

その時にはダーマシャインダーマクイーンなどのマシンは使わず、先生の手打ちで処置を受けましたヒアルロン酸も、シワを埋めるために“架橋”した固いものではなく、“非架橋”のやわらかく吸収されるものを選択しました。ちなみにテオシアルという会社の“リデンシティⅠ”という製品を使用です。

「吸収されるんじゃ意味ないじゃん」と思われるかもしれませんが、各種栄養も入っているので、肌を元気にするためのもの、という位置づけなんです。

 

吸収されるヒアルの手打ちメソセラピーを3回受けた結果、自分的に満足いくおでこをゲットできました!痩せた印象だったおでこが全体的にふっくらとして、溝もだいぶ気にならなくなりました!

 

リデンシティⅠは頬などにも受けたことがあるのですが、そこまでプリプリになった!といった変化は感じませんでした。しかし、額だと脂肪が薄いですし加齢などで痩せたような印象になっていると、その効果をより感じやすいのかもしれません!

一旦はこれで様子を見ようと思っていますが、今後PRPなども組み合わせるともっと良い状態になれるかも?と次回のことも今から考えています(笑)

 

まとめ

おでこのガンコなシワを撃退するなら

まずはボトックスなどでシワが寄らないようにして

非架橋のヒアルでお肌をピチピチにする

を一度お試しください!

しわ5