脂肪溶解注射とは一体?決め手のポイントは?

脂肪溶解注射とは一体?決め手のポイントは?

 

脂肪溶解注射、気になる部分にポイントアタック

ここ数か月間で体重が2キロ増加してしまい、運動や食事内容に気を付けるなどのダイエットを続けています。でも下腹部のポッコリだけはなかなか解消できません。ウエスト部分は、そんなに気にならない程度なのですが、下腹部だけは腹筋やスクワットなどをしても、なかなか効果が出ませんでした。

脂肪3

そこで、以前から興味のあった脂肪溶解注射というものを受けてみようと思いました。脂肪溶解注射とは、メソセラピーとも呼ばれていて美容外科を中心にクリニックで導入されているメディカルダイエット方法の1つです。

脂肪吸引などの大掛かりな手術ではなく、注射で薬品を体内に入れることで気になる部分の脂肪を溶かすのです。文字通り部分痩せに特化したダイエット方法なのです。私は体重を減らすことより、ボディラインをきれいにすることを求めていたのでピッタリな方法だなと思いました。

woman beauty

 

クリニックによって実は種類が違う?

一口に脂肪溶解注射と言ってもいくつか種類があるみたいで、扱っているものが病院によって違いました。

「フェミークリニック」

メディカルダイエットを専門にしている新宿・渋谷・銀座にある「フェミークリニック」では、フォスファチジルコリン、L-カルニチン、キシロカインなどの一般的な脂肪溶解注射を扱っていました。女性の先生なので、体型を気にしている私としては女医さんに施術してもらうのは恥ずかしさがなくていいなと思いました。金額は1本15.000円と、大体平均的な金額でした。

「高須クリニック」

大手の「高須クリニック」では、通常の脂肪溶解注射よりも効果のある「イタリアンメソセラピー」という種類を扱っていました。特徴として、脂肪吸引に匹敵すると書かれていたので、非常に興味を持ちました、省令写真も見ましてが、注射だけでこんなに効果が出るのはすごいなと思いました。脂肪細胞を溶かして消滅させるので、かなりの効果が期待できるようです。脂肪吸引並みの効果を出すには、2週間おきに6回打つのが望ましいらしいですが、1回30.000円という金額が少しネックになり、即決できませんでした。

脂肪2

 

決めてポイント!

「南クリニック」

そして1番気になったのが「南クリニック」の、その名も強力脂肪溶解注射です。これは南クリニックの院長先生が何度も改良を重ねて作っているオリジナルの脂肪溶解注射だそうです。ホームページにいろいろな部位ごとの症例写真がたくさん掲載されていて、効果に自信があることが伝わってきました。

しかも1回で普通の脂肪溶解注射5回分の効果というから驚きです。1回43.200円ですが、コストパフォーマンスを考えればかなり安い金額ではないかと感じました。

まだ決めかねていますが、南クリニックの強力脂肪溶解注射を受けてみようかなと思っています。

近々受ける予定なので、結果を報告したいと思います!