顔面崩壊?!鼻プロテーゼ・軟骨移植・鼻中隔延長は整形崩れすることはあるのか?(Part1)

顔面崩壊?!鼻プロテーゼ・軟骨移植・鼻中隔延長は整形崩れすることはあるのか?(Part1)

実際に起こった事故!?

今はほとんど使われなくなっているL型プロテーゼ鼻根から鼻先まで一気に形を整えられるので非常に便利ではありますが、色々なリスクがあるので現在はI型プロテーゼが主流となっています。

とあるL型プロテーゼを受けた人が、赤ちゃんを抱っこしていた時の話です。突然赤ちゃんが「ばぶー!」と言って手をあげました。その手は見事顔に命中しましたが、何とかとっさに目を閉じたので何事もありませんでした。…いや、何かがおかしい。鏡を見ると、そこには鼻が顔の中心からズレた恐ろしい自分の顔が…!

想像するだけでも「ヒー!((((;゜Д゜))))となってしまいますが、実際にこういった事故はあったそうです。このように一度に大きな衝撃が加わらなくても、globeのKEIKOさんのように鼻が陥没してしまうケースもあります。

keiko

出典:http://pds23.egloos.com/

 

このようなエピソードのせいで、「鼻の整形は崩れるから怖い」というイメージを持つ方も少なくはないのではないでしょうか?

そこで実際に手術を受けた私が、ホントのところお伝えしたいと思います!

 

鼻根プロテーゼ

鼻筋をスーッと通すために入れるプロテーゼですが、正面からのある程度衝撃にはビクともしないと思います。

例えば何かで正面から打ち付けた場合、自分の骨と同様の結果になると思います。素人の考えですが、プロテーゼの方が骨よりも粘りがありそうなので、もしかすると骨折はしにくいかもしれないですね。(ただし、鼻の骨自体は骨折せずに陥没してしまうかもしれません(怖))

でも、もし鼻筋の外側から強い力が加わった場合、例えばパンチなどを受けた場合はズレてしまう可能性は十分にあると思います。ボクシングなどの格闘技をする可能性がある方は受けない方が良いでしょう。

sports

出典:http://weheartit.com/

 

軟骨移植による鼻尖形成

私は耳介軟骨移植による鼻尖形成、つまり耳の軟骨を鼻先の骨の上に重ねて積み重ねて鼻先の高さを出す。

この手術を受ける前にリスクの一つとしてドクターからこんな説明を受けていました。「鼻先に積んだ軟骨の重さに耐えかねて、鼻先が沈んでしまう人が稀にいる」という内容です。

もちろん、沈むとは言っても軟骨を積み上げている分がありますので、元の高さよりも低くなるという可能性は低いでしょう。しかし、「手術をした意味なし」になることはあり得ます。そのため、なるべく鼻先に重さがかからないように気を付けています。

今のところ沈んでいるということはないみたいですが、度々家族に「鼻先の高さ変わってない?!」と確認しています(笑)キスする時とかも、鼻を守るために「ドラマか!」と自分でツッコみたくなるくらいに顔傾けますもんね(笑)

しかし、“衝撃に対する強度”という意味では私が思っているよりも断然高いみたいです。考えただけでも心配になりますが、耳介軟骨移植による鼻尖形成はボクサーなどのスポーツ選手にしても大丈夫らしいのです。これにはちょっと驚きですね。

衝撃が加わって変形する恐れは少なからずあるとは思いますが、日常生活でそこまで気にする必要はない、ということかもしれませんね。

kiss

出典:http://weheartit.com/

次回に続きます!

鼻の施術に最適なクリニックはこちらをお勧めしています。

新バナー:鼻の整形バナー