【芸能人の整形事情】芸能人御用達美容外科クリニックはどこだ?(Part2)

【芸能人の整形事情】芸能人御用達美容外科クリニックはどこだ?(Part2)

今回は前回の続きで、芸能人ご用達のクリニックについて、そのデメリットや注意点をお伝えします!

美容整形を受ける前のカウンセリングは大切です。

ミーハー心だけで、あなたの大切な体にメスを入れてしまわないように気を付けてくださいね。

《【芸能人の整形事情】芸能人御用達美容外科クリニックはどこだ?(Part1)》

芸1

 

有名な先生・クリニックのデメリット

正直なところ、有名な先生のカウンセリングは丁寧ではありません

福田先生は、整形手術にテクりすぎて人の顔を見て即結果を出す感じで、患者にアレコレ言わせる隙を与えません。お忙しいというのもあるのでしょうが、「そう言われてもこううこうこうだけど…。で、どうしたいの?」とちょっと怖いですね。

腕は確かですが、親身になる感じではないので「イヤだ」と感じる患者も多いでしょうね。(忙しすぎてその方がありがたがられてるかもしれませんが(笑))

SONY DSC

 

高須先生は、細かな説明はしてくれません。こちらから質問をしなければ説明はありませんし、しかもその質問が高度でなくてはいけません。

高度というのは、ちゃんと自分で調べて高須クリニックのサイトで手術内容についてもしっかりと理解した上での質問、ということです。

例えば「埋没と切開ってどう違うんですか?切開したら痛いですか?どれくらい腫れますか?」なんて超・初心者な質問をぶつけると「…ホームページに書いてあるんだけど」で ==糸冬 了== です(泣)

もごもごしていると看護師さんに「ハイ、もういいですか~」と切り上げられてしまう始末

私はよく「ズバズバはっきりしてるよね…(困)」と言われるような性格ですが、それでもあまり口を開けない時もありますね。

向こうは「当然のことでしょ?そんなこと」というノリですが、私たち受ける側としては不安が色々あるのだよ!

整形初心者にはオススメできないなあと思います

芸3

 

“良いクリニック”ではなく“良い医師”である

ヤフー知恵袋などで見かける「どこの病院が上手いですか?」などという質問は、ナンセンスです。上手いクリニックを探すのではなく、上手いドクターを探すことに労力を割かなくてはなりません

トラブルが多い大手チェーンクリニックでも上手い先生はいますし、上手いと評判のクリニックでも有名なのはとあるドクターだけ、ということの方が普通です。

美容外科手術は経験だけでなくセンスも重要な要素ですから、スゴ腕の先生の手技をほかのドクターに完コピすることは不可能です。

結局整形を成功させるには、クリニックで決めるのではなく、ドクターで選ぶことが大切です。

芸4