《失敗は許されない!》鼻プロテーゼの選び方!

《失敗は許されない!》鼻プロテーゼの選び方!

お顔の整形手術の中でも、お鼻はお顔の中心であり、目元はメイクで誤魔化せてもお鼻は高さや形をメイクでは誤魔化せないので一番失敗をゆるされない施術です。

プロテーゼを入れる施術をすると、1日出血をとめたり形を整える鼻栓をして、3日間鼻の上から覆い鼻筋がずれないようにコルセットをして、だいたい5日めからメイクができます。

 

鼻1

出典

http://weheartit.com/entry/193655060/search?context_type=search&context_user=oelino&query=beauty+nose+girl

 

プロテーゼのダウンタイム

2回ほど施術を受けていますがダウンタイムは一週間くらいで、2週間目からは馴染んできます。

ただ5日間は本当にこれから綺麗になるか不安になるくらい悲惨な状態になるので一度で綺麗な鼻を手にいれましょう。

 

鼻3

出典

http://weheartit.com/entry/158267131/search?context_type=search&context_user=littledreamer25&page=19&query=beauty+nose+girl

 

プロテーゼの種類と効能

L型I型とありますが、I型については鼻の骨の下に入れるやり方と鼻の骨の上にのせるやり方があります。

骨の下に入れるやり方はプロテーゼが骨の下に固定されていてずれたり飛び出る心配はありませんが、事前に血液検査をしたり全身麻酔をしたり大掛かりなのです。

ですから、一般的な方法としては骨の上にのせるやり方ですがこのやり方ですと衝撃でずれやすいのが注意です。

 

鼻5

出典

http://weheartit.com/entry/111640483/search?context_type=search&context_user=PaulaPardupova&page=34&query=beauty+nose+girl

 

L型プロテーゼは改良されている!

一昔前は、L型は鼻先の皮膚を薄くしてプロテーゼが飛び出てしまうからしてはけないと言われてきましたが、鼻のフィット感や飛び出さないような無理のない形に改良されました!

鼻先もフックのようなつくりで下から衝撃があってずれかけても、そのフックで元にもどるというつくりであり、鼻先や被せた時のカーブなど骨の形や皮膚に合わせた無理のない厚さであることを、実際に昔のプロテーゼとわかりやすく比較して見せてもらいました。

 

鼻2

出典

http://weheartit.com/entry/191317284/search?context_type=search&context_user=acqua00&page=2&query=beauty+nose+girl

 

L型プロテーゼは耳介軟骨移植との併用をおすすめ

I型プロテーゼを入れて、鼻先を耳の軟骨から移植する耳介軟骨移植というやり方もあります。

軟骨移植は稀に取りだしたときに軟骨が足りない場合などありますが、無理のない量でしたらプロテーゼと違い自分の体の一部なので、見た目や触り心地も自然で衝撃でもずれにくいと言われています。

これらの方法から「これだ!」と思うやり方を見つけて失敗をなくしてもらいたいです。

Lだからだめ、Iだから安心と思ってしまうと失敗してしまうのでそれだけは覚えてほしいです。

鼻7

 

プロテーゼ施術で注意すべきこと

目頭切開をされる方はプロテーゼを入れたあとにしましょう!

プロテーゼを入れることによって鼻周りの皮膚の張りがでてくるのと、お顔の中心が立体的になることによって目頭が少しすっきりしますので、その後に目頭切開をされた方がやり過ぎない目元にしてもらえます。

また、欲張っておでこからプロテーゼを入れてしまうと横顔が美しくないので気をつけて下さいね!

 

鼻6

出典

http://weheartit.com/entry/107542398/search?context_type=search&context_user=marillynmonroe&page=35&query=beauty+nose+girl

鼻の施術に最適なクリニックはこちらをお勧めしています。

新バナー:鼻の整形バナー

 

にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
にほんブログ村